2005年10月29日

包皮切除手術を受けるとHIV感染のリスクが6割も減る?


日本の美容整形業界が包茎手術をプロモートするのに、おあつらえ向きかもしれない研究結果が発表された。
当ブログで、以前に何度か関連する記事を書いたことがあるのだが、アフリカ諸国には割礼の習慣がある。特に女子の“割礼”が問題視されているわけだが、男性の割礼でも毎年大勢の死人が出ていたりする。

ところが男子の割礼(包皮切除手術)には、明らかなメリットがあるとも言われてきた。HIVに感染しにくくなるというのだ。単なる“言われ”ではなくて、医学関係者も真剣にそのメリットについての研究を発表してきており、関連する学術論文の総数は40本を超えている。

しかし、その研究の多くは、少年時代に割礼を受けた男性がHIVに感染しにくくなることを検証したものであり、成人した後で割礼を受けた場合にも同じ効果があるかどうかは検証の余地ありとされてきた。

そこで、フランスと南アフリカの共同研究チームが南アフリカ国内のクリニックで臨床試験を行い、成人男性が包皮切除手術を受けた場合にも同じ効果があるかどうかを調べることにした。

フランス・ブローニュのAmbroise-Pare病院に籍を置くベルトラン・オーベルト医師が指揮を執り、以下の条件を満たす被験者を3,128人も集めて臨床試験が行われた。

  • 18歳〜24歳
  • HIVネガティブ(未感染)
  • 割礼をまだ受けていない
  • ヘテロセクシャル(異性愛者)


この中から1,546人を無作為に抽出し、彼らに割礼(包皮切除術)を受けさせた。残りの1,582人については、割礼を受けさせず、後で結果を比較するための“制御群”(コントロール・グループ)とした。どちらのグループについても、21ヶ月間にわたって追跡調査を行った。

割礼を受けたグループに対しては、術後6週間、性交渉を控えるように指示した。(これは、包皮切除後、傷が治癒するまでは感染リスクが高いことを考慮したためだと思われる)。

21ヶ月間の追跡調査により、判明した感染者数は次のとおりだった。

  • 包皮を切除したグループ:20人
  • 切除しなかったグループ:49人


これは、成人男性が割礼を受けるとHIVに感染する可能性が約60パーセントも低下することを意味する。

では、なぜ包皮を切除するとHIVに感染しにくくなるのだろうか? 研究者たちは、以下のような理由が考えられると示唆している。

  • 包皮が取り除かれたことにより、亀頭粘膜が角質化する。

  • 性交後に膣分泌液が包皮の裏に残らなくなるため、パートナーが感染者である場合にHIVが感染するリスクが緩和される。

  • 同様に、性器が乾きやすくなるため、ウイルスが粘膜上で生存する可能性が低減される。

  • 包皮にはHIVの標的となる細胞が多数存在するが、包皮を切除することによって標的細胞の数が減る。


この研究チームは、以上のことにより、HIVが蔓延している地域ではHIV感染のリスクを軽減する手段の1つとして割礼を推奨できると結論付けている。

ただし、オーベルト医師らは、割礼が完全な感染防止策になると勘違いしてはいけないと警告を発している。割礼さえしていれば大丈夫という風潮が広まると、男性がますますコンドームを使用しなくなったり、リスキーな性交渉に走ったりしかねないことを心配しているのである。

たしかに、そんな風潮が広まると逆効果になりかねない。本末転倒である。

本末転倒度8■■■■■■■■□□


また、南アなどでは、施術者がずさんな割礼術を行ったり、自分で割礼しようとする男子がいたりで、大怪我をしたり命を落とす者が後を絶たない。そういう悪い面にも拍車がかかりかねない気がする。

なお、この研究は、あくまでヘテロセクシャル(異性愛者)を対象として行われたものだが、同性愛者が包皮切除術を受けた場合も何らかの効果が得られるのではないかと見る向きもある。

本件の情報は、いくつかのソース記事から取材した。最初に南アのNews24.comサイトで読んだ記事には、割礼によりHIV感染リスクが軽減される理由が触れられていなかったので記事にしにくく見送っていた。

その後、米国のニュースサイトやロイターでも取り上げらているのを見つけ、詳細が分かったので記事を立てることにした。もっと詳しい記事が米国Newsweek誌の最新号に掲載されているとのこと。

しかし、「ニューズウィーク」日本語版の2005-11・2号(10/26発売) の目次をチェックしても、まだ取り上げられていない。次号以降に日本語化した記事が掲載されるかもしれない。

また、情報ソースにより被験者の数に相違がある。ロイターが伝えている数字に準拠しておいた。




■ Sources:


【関連記事】


上野クリニック
包茎治療・性病検査・パワーアップ・ED治療。全国21ヶ所にクリニックあり。年間3万件以上の相談を受け、過去20万件を超える実績。オンラインで相談・予約可。


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 10.29今日のぬーす  [ しょーとメモ ]   2005年10月29日 20:12
■うがいの風邪予防効果を初めて実証。 ヨウ素系うがい薬は使わない方が良い。 from Orbium -そらのたま-さん イ○ジンはいらなかったのか!!(゜Д゜) ■包皮切除手術を受けるとHIV感染のリスクが6割も減る? from なんでも評点さん まぁ最後の砦みたいなモンか。。。 ■...
2. 包皮切除手術を受けるとHIV感染のリスクが6割減  [ Gay News−ゲイニュース(同性愛関係ネタ)@まとめ− ]   2005年11月02日 02:40
裏DVD、無修正DVD激安店!DVD-HONEY 記事元→
3. 包茎知識から包茎手術を解説  [ 包茎相談所 ]   2006年01月09日 00:15
包茎の知識から包茎手術を解説。

この記事へのコメント

1. Posted by たん   2005年10月29日 12:39
この臨床実験で感染した人はどうなるんでしょうかねえ
2. Posted by nob   2005年11月15日 13:25
余計なお世話、もしくは私の知識が足りないのかもしれないのですが、
「コントロールグループ」は「統制群」と訳すのが正しいのではないでしょうか?
3. Posted by miccckey   2005年11月15日 13:58
>nobさん

ググってみましたか? 「制御群」も「統制群」もヒットがあります。

別にどちらでもいいと理解しています。
4. Posted by !   2007年01月27日 19:51
たった2年弱での感染率すごすぎ。
非割礼群に至っては3%超えてるよ…

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔