G- なんでも評点:ある日インポテンツになったら自転車のサドルを疑え?

2005年10月05日

ある日インポテンツになったら自転車のサドルを疑え?


コンビエアロバイクEZ101*腹筋バーなしモデル【ちゃっかりダイエットココミン】筆者は、ほぼ毎日ジムに通って運動しているのだが、今年の6月にジムを変えて以来、エアロバイクに乗らなくなった。新しいジムのエアロバイクは、どうにもサドルの“座り”が悪いのである。10分も漕いでいると股間が痺れてくる。

股間が痺れてくるのは、要するに血行が悪くなっているからである。しかし、痺れているのはエアロバイクを漕いでいる間だけで、サドルから降りるとすぐに治るので、“後を引く影響”が生じるようには考えていなかった。

ところが自転車のサドルは、男性機能を奪ってしまう可能性があるらしい。“The Journal of Sexual Medicine”に発表された研究結果によると、男性が1週間あたり何時間も自転車に乗っていると、勃起不全(ED)に陥るリスクがあるという。

マウンテンバイク ALPINA RL【@バラエティショップ【ねねや】ダイエット・美容・健康・雑貨・その他取扱】このリスクは、サドルの形状や材質などによって異なる。近頃は、人間工学に基づくエルゴノミック・サドルも流行しているが、性器を保護するはずのデザインが逆にアダになっている場合もあるという。

従来からあるティアドロップ(涙滴)形状やロング・ノーズ形状のサドルの場合、体重の4分の1がノーズ部分(前側の細くなっている部分)にかかることになり、会陰や骨盤下部に圧力がかかる。

これにより、3分間自転車に乗っているだけで、ペニスに到達する酸素の量が70パーセントないし80パーセントも減少してしまう。

理学療法士のジョシュア・コーエン氏はこう言う。「男性がサドルに座っていて、ペニスに届く酸素のレベルがゼロになっても、すぐには気づきません。そのまま30分も座っていれば、痺れてきます」

1997年から自転車のサドルが男性器に及ぼす影響について警笛を鳴らしているボストンの泌尿器科医アーウィン・ゴールドシュタイン氏は、「痺れは、体に良くないことが起きていることを私たちに教えてくれているのです」と言う。

最近のエルゴノミック・サドルは、サドルの後ろの部分に溝が入っていたり、中央の部分に穴が開いていたりする。会陰にかかる圧力を逃がすための工夫である。だが、これが逆効果を招く可能性がある。

リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)の専門家スティーブン・シュレイダー氏によると、サドルに穴や溝があると、その分、表面積が減ってしまう。表面積が小さくなれば、その分、サドルに座る男性の会陰やその周辺にかかる圧力が高くなってしまう。

会陰部分がサドルのエッジと接触すると、圧力がさらに高くなる。

ショック吸収用のジェルが入ったサドルもある。しかし、このジェルは体重がかかると、圧力の小さい部分に移動してしまう。このため、やはり会陰にかかる圧力が増加してしまう可能性がある。

DOPPEL GANGER 18S マウンテンバイク【@バラエティショップ【ねねや】ダイエット・美容・健康・雑貨・その他取扱】ただし、この研究発表では、タバコを吸う人全員が肺がんにならないのと同じく、自転車に乗る男性全員がインポテンツになるわけではないと断っている。

なぜ個人差があるのかは不明。体重も1つの要因と考えられる。体重が重ければ圧力も高くなるからだ。また、骨格の違いも要因として考えられる。

この研究発表では、自転車に頻繁かつ長時間乗る男性のうち、5パーセントの男性が中程度から重度の勃起不全を患うと見積もっている。

だが、実際にはもっと多くの男性が自転車のせいでインポテンツになっているのではないかと指摘する専門家たちもいる。自分がEDであることを人に知られたくないから言わない男性も多いはずだし、自転車が原因でEDになったことに気づいていない男性もいるはずだ・・・というのがその根拠である。

自転車のサドルとインポテンツの相関については、前出の泌尿器科医アーウィン・ゴールドシュタイン氏が1997年に発表した論文が皮切りとなって世間の関心が注がれるようになった。この問題を以前から研究してきたゴールドシュタイン医師は、「男性サイクリストには、既にインポテンツになっているサイクリストと将来インポテンツになるサイクリストの2種類しかいない」と断言している。

前出のリプロダクティブ・ヘルス専門家シュレイダー氏は、必ずしもサイクリングを避けるべきとは限らない、と話している。「自転車に乗る頻度が低く、時間も短い男性は、何も心配する必要はありません。しかし、1週間に何時間も自転車に乗る男性の場合は、要注意です」

さらに、シュレイダー氏は、自転車業界は現在の自転車サドルに付随するリスクにもっと目を向けて、より安全なサドルの設計に取り組むべきではないかと示唆している。

まあしかし、日常的に自転車に長時間乗っている人と言えば、競輪選手は別として、お巡りさんや郵便配達員、新聞配達員、蕎麦屋や中華の出前などを思い浮かべる。皆さん大丈夫なのだろうか? 上の研究結果がおおむね正しければ、少なくとも5パーセントはEDを患っているはず。職業病として認定される日が来るかもしれない。

血行不良の解消策として、ときどき立ち漕ぎを交えることが有効だと思う。

マックスチャレンジャー グリーン【バリュー通販】だが、一輪車の場合は、最悪ではないだろうか? ハンドルがないため、全体重がサドルにかかる(ペダルにもかかるが)。しかも、曲がるときや止まるときなどには、バランスを取るために負荷も増える。

最近では、小学校低学年から一輪車に乗っている子供が多い。子供だからEDになるはずもないが、血行不良のため性器の成長に悪影響を及ぼすかもしれない。なお、左の写真のようにハンドル&ブレーキ付きの一輪車もある(一連の写真はいずれも広告リンクなのでご注意)。

ともあれ、本件に関しては、エルゴノミック・デザインが逆にアダになっている可能性が濃厚な点に着目して評点しよう。これは、ある意味、余計なお世話なわけだ。

だが、実際には、「俺の自転車のサドルはエルゴノミックなんだぜ」と鼻高々なサイクリストが多いかもしれない。“ありがた迷惑さ”に気づいていない人が多いと思われることを考慮し、次のように評価しておく。

ありがた迷惑さ7■■■■■■■□□□




■Source: Many hours on the bicycle could make men impotent (Indo-Asian News Service)

上野クリニック
包茎治療・性病検査・パワーアップ・ED治療。全国21ヶ所にクリニックあり。年間3万件以上の相談を受け、過去20万件を超える実績。オンラインで相談・予約可。


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. え、自転車でインポ!?  [ 雅楽多blog ]   2005年10月05日 12:04
◇ なんでも評点:ある日インポテンツになったら自転車のサドルを疑え? 従来からあるティアドロップ(涙滴)形状やロング・ノーズ形状のサドルの場合、体重の4分の1がノーズ部分(前側の細くなっている部分)にかかることになり、会陰や骨盤下部に圧力がかかる。 これに...
2. ニュースの寄せ集め。  [ しょーとメモ ]   2005年10月05日 12:09
■ある日インポテンツになったら自転車のサドルを疑え? from なんでも評点さん (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 週末には何時間とサイクリングしますが、しかしビンビンです(ノ∀`) ■「ビキニ・ワックス」「チック・フリック」「ザイバツ(財閥)」…英語辞書...
3. 自転車好きはインポの恐れあり!  [ Gay News−ゲイニュース(同性愛関係ネタ)@まとめ− ]   2005年10月08日 05:02
記事元→なんでも評点 >自転車を長時間乗ると、サドルがペニスにに影響を与えることが >分かった。局部の動脈に圧力がかかり、陰茎への血流が減少するのが
4. 処方せん無しで購入できる「塗る」勃起不全治療薬を開発  [ 医学処 ]   2006年07月09日 20:50
英フューチュラとGSK、男性用性的不全治療の大衆薬を共同開発 英国の医薬品研究・開発会社、フューチュラ・メディカルは英グラクソスミスクライン(GSK)と組み、薬局で処方せんなしで買える男性用性的不全治療薬を開発する。英国では程度の差はあるものの、45歳以上...
5. サドル交換  [ BD-1的東京Life ]   2007年02月13日 00:46
ホントは定番品”フィジーク アリオネ”がいいなーと狙ってたんです。 ところが、こんな記事を読みまして・・。 速攻、穴あきサドルを買いに行きましたよ(笑) ちょっと、記事的には気になったんですが、とにかくそれ以上に記事が衝撃で、何かしたかったんです(汗)...

この記事へのコメント

12. Posted by evian   2007年06月15日 17:18
5 な!なんだって!!
13. Posted by jun_desuyon   2007年06月15日 17:20
ちょwwwwwまっwwwwwwwww
14. Posted by 奇想天外   2009年07月31日 16:37
4 そう言われるとサドルを買いたくなりますね。
日本で売ってるかな?
15. Posted by     2012年07月23日 21:58
自転車乗ってるけど、そんな目で見られてたなんて・・・
自転車やめよかな・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔