なんでも評点:モデル事務所を経営している男が婦人科クリニックの従業員をしているなんて怪しくないか

2005年07月18日

モデル事務所を経営している男が婦人科クリニックの従業員をしているなんて怪しくないか


モデル事務所を営んでいる男が婦人科クリニックで管理作業員としても働いている。胡散臭い男だと思わないだろうか?

米国コネチカット州ブリッジポートでマイケル・ブリットという男が逮捕された。14歳の少女を含む3人の少女に対する暴行容疑である。

ある日、ブリットが管理作業員として働いている婦人科クリニックに14歳の少女が訪れた。おそらく診察時間外で、クリニックにはブリット以外に誰もいなかったときのことだと思われる。少女は、自分は妊娠しているのではないかと心配していた。

ブリットは少女に言った。「クリームを使えば、簡単に中絶できますよ」。

そうしてクリームを塗布するふりをして、ブリットは少女との性行為に及んだ。被害を受けた少女はすぐには警察に通報しなかったが、少女の友達が警察に相談に行ったことから事件が発覚した。

婦人科クリニックの責任者は、「法の執行のためなら協力を惜しみません」と語っている。

このブリットという男、クリニックと同じビルの中にモデルエージェンシーと称して部屋を借りていた。本当にモデル派遣業を営んでいたかどうかは現在のところ定かではない。警察がPCを押収して調査中である。

この“モデル事務所”でも、18歳の少女が被害に遭った。ブリットは「君のウォーキング・テクニックには問題がある」と指導するふりをして、少女に衣類を脱ぐように命じ、テクニックを教えるふりをして性交に及んだとされる。

行為中、「これはモデルになるために必要なことなんだよ」と少女にささやいたらしい。あと1名がどういう被害に遭ったかは、元記事に記載がないが、似たような手口を使ったのだろう。

婦人科クリニックを訪れた14歳少女の場合は、最初、クリームが指で塗布されているだけだと思ったのかもしれない。おそらくは妊娠検査もせずに、いきなり“処置”を開始したのではないかと思うが、あれよあれよという間の出来事だったのだろう。

モデル事務所の話はありがちだが、余罪はほかにもありそうに思われる。

まあしかし、周囲の人がブリット容疑者にもっと目を光らせるべきだったような気がする。モデル事務所を経営している人物が婦人科クリニックで従業員として働くなんて、あまりにも不自然すぎる。

同じビルの中の話なのだから、クリニック側もよくそんな胡散臭い人物を雇ったものである。モデル事務所を開いたのが後だったとしても、その時点で誰も怪しいと思わなかったのだろうか。

被害者をとがめるわけにもいかないが、周囲の無関心さとあわせて、歯がゆい話だと感じる。

はがゆさ8■■■■■■■■□□





■Source: News24.com - Teen raped at abortion clinic

当ブログの全記事一覧を見る



この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




miccckey at 00:56│
はてなブックマーク - モデル事務所を経営している男が婦人科クリニックの従業員をしているなんて怪しくないか
Comments(0)TrackBack(1)clip!
(評)はがゆさ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. モデル事務所を経営者兼、婦人科クリニックの従業員タイ−ホ  [ 極楽鳥使い ]   2005年07月18日 10:43
モデル事務所を経営者兼、婦人科クリニックの従業員タイ−ホモデル事務所ではな.....

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎-->