2004年07月23日

同音異義語に惑わされて追突される?《まぎらわしさ7》


日本語には同音異義語が多い。たとえば、「はし」には、箸、端、橋などの異義語がある。

実際に発音するときには、抑揚やアクセント、あるいは当ブログの記事「拡張カタカナ文字? 《ありえる度 2》」で取り上げた「母音の無声化」により区別していることが多いのだが、かな表記やローマ字表記にすると紛らわしくなりがちである。

さて、交通課警部のAさんは、ある道路の特定箇所で最近になって追突事故が増えていることに注目していた。現場検証にも何度か立ち会った。追突した側か追突される側に何か共通の理由があるはずだ。

しかし、追突した側が言うには前の車が急に速度を落としたからだとか、前の道路が空いているのにまさかほとんど停止しているとは思わなかったなどと言うばかりである。Aさんは、追突された側に共通の原因があると読んだが、追突された側が自分に不利になるようなこと(たとえば、わき見をしていたとか)を言うはずもない。

A警部は、わき見させる何かが最近になって、その付近に出来たに違いないと考えた。こういうときは、実際にクルマを走らせてみるに限る。婦人警官のC子さんにミニパトを運転させ、自分は助手席から周りをチェックしてみることにした。

地上付近には、風俗店の看板など、たしかに目を引くものもあるが、このあたりにはありふれていて特に事故の誘発原因になるとは思えなかった。すると・・・

「かってね!」と言われても・・・運転しているC子さんが「勝手ね!」と急に叫んだ。え、俺に言っているのか? 俺はC子に勝手ねなんていわれるようなやましいことはしていないぞ。なのにA警部は無性におろおろしてしまった。気が弱いのである。信号待ちで停車するとC子が改めて口を開いた。

「警部、ほら。あれですよ、原因は」

左前方、1階にペットショップが入居している雑居ビルの上に、新しく設置されたらしい看板があった。クルマの進行方向に向かう側の面には女性の顔が描かれており、進行方向と平行な面には男性の顔が描かれている。女性の顔の横には、「かってね!」というセリフが書かれていた。

この「かってね!」は、一体全体、どの意味なのだ?

  • 勝手ね!
    看板の絵を見た瞬間、一番考えられるのはこれだ。男女どちらの顔も表情が険しく見える。きっと、痴話げんかがもつれているに違いない。

  • 飼ってね!
    このビルの1階には、ペットショップが入居している。だから十分考えられるのだが、看板の上部をよく見ると「○○住宅博」と大きく書かれている。

  • 買ってね!
    「住宅博」の看板だとしても、博覧会でで住宅が売られているのだろうか? 買ってもお持ち帰りできないぞ。男の顔の横には、よく見ると「結婚して」と書いてある。では、やはり家を買うことが結婚の条件なのか? これが一番妥当な線なのだが、男女の表情が共に険しすぎるのだ。

  • 狩ってね!
    うーむ。何か動物の狩りをしてくれと言っているのだろうか? ブドウ狩りとかみかん狩りもありえるが・・・

  • 駆ってね!
    馬を駆るとは言うし、自動車を目的語にしてこの動詞を使うこともあるが・・・

  • 刈ってね!
    散髪することが結婚の条件なのか? だが男の髪はちゃんと整っているぞ。それともこの男が美容師で女が客なのか?

  • 勝ってね!
    そうか、この男はこれからタイトルマッチを控えているボクサーなのだ。だから試合に勝ってタイトルを手にしたら結婚してあげるわと言っているに違いない。それならば表情の険しさも理解できる。しかし、だからといってどういう意味のある看板なのだ? 


こんなまぎらわしいセリフはめったにない。本件における「かってね!」というひらがな表記のまぎらわしさは、満点の10ポイントと評価すべきかに見えるが、そもそも看板の絵がまぎらわしいのである。「結婚するなら家買って」というような文脈であれば、もっとほがらかな表情にすべきではないか。

そのあたりを差し引いて、本件のまぎらわしさは7ポイントと評価しておこう。




この記事は、未来検索で「同音異義」を検索し、ヒットした最近のブログ記事のうち、関連性があると思われる複数の記事にマルチトラックバックしています。

【トラックバック先URL一覧】
  • http://tb.plaza.rakuten.co.jp/gakushujiyuku/diary/200406190000/
  • http://www.junkwork.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/494
  • http://blog.livedoor.jp/dbw/tb.cgi/4274925
  • http://tb.plaza.rakuten.co.jp/rebnet/diary/200407080000/
  • http://2.suk2.tok2.com/tb.php/ZYBFjJvhUXxJZL/pOrmHxlW43IrQAiFG


当ブログの全記事一覧を見る



miccckey at 01:35│
はてなブックマーク - 同音異義語に惑わされて追突される?《まぎらわしさ7》
Comments(4)TrackBack(1)clip!
(評)まぎらわしさ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 役所でドキリとするケン一  [ 【 T E X T !】 ]   2004年07月23日 22:16
トラックバックありがとうございます。 記事、非常に面白く読ませて頂きました。

この記事へのコメント

1. Posted by DPR-Japan   2004年07月23日 23:58
看板絵のせっぱ詰まった感じから、
「かってね!」
「かつてね!」
「かつてねー」
「かつて無ぇ〜」
と判読しました。すなわち、(結婚してなんていわれたことは)未だかつて無いわ、と変な驚き方をしているのでしょう。「かつてねぇ〜」という無惨な言葉遣いも、現代ならあり得る度10です(笑)。
2. Posted by yuji   2004年07月24日 00:44
わざと看板に注目が行くようにしたとか?
3. Posted by miccckey   2004年07月24日 01:31
DPR-Japanさん

お久しぶりです。

「つ」が小文字でない「かつて」も考えたんですが、「かつて無ぇ〜」
までは発展させることができませんでした(笑)。

その説は、けっこう「ありえる度」が高そうです、確かに。
4. Posted by miccckey   2004年07月24日 01:31
yujiさん

そうでしょうねえ。注目度を高めるために、こんなエキセントリックな看板にしたんでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔