2004年07月10日

Over the Rainbow - 虻、蚊、力《まぎらわしさ10》


rainbow昨日の夕方、久しぶりに虻を見た。ちょうど、クルマを運転中で渋滞に巻き込まれているところだったので、携帯で写真を撮ってみた。

VGA解像度で撮影したものを画像処理して、色合いを増強した上、250ピクセル幅に縮小してある。色合いを増強したとは言え、肉眼で見たときほど鮮やかには映っていないのが残念。


Somewhere over the rainbow
Way up high,
There's a land that I heard of
Once in a lullaby.

(music by Harold Arlen and lyrics by E.Y. Harburg)


この歌を口ずさんでしまった。歌詞を覚えているのは上の部分だけだけどね。

ところで、冒頭ではわざと誤字を入れておいた。「虹」と「虻」はまぎらわしい。虻は蝿に似ているが生態は蚊に近い。

蚊といえば、非常にまぎらわしい事実がある。あなたは、次のどちらが「蚊」の正しいカタカナ表記か区別できますか?




本件のまぎらわしさは、堂々たる満点の10ポイントに値すると言ってよいだろう。

■ なお、この記事は、「ヒマ新聞」掲載の「経済) 280馬力規制撤廃 アリで難航」の記事にトラックバックしている。「馬力」の代わりに「アリカ」という単位を導入する案が難航しているという記事なのだが、アリ力とアリカも区別不能である。どっちが「ありりき」でどっちが「ありか」なのか区別できんぞ。

当ブログの全記事一覧を見る



この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

miccckey at 16:46│
はてなブックマーク - Over the Rainbow - 虻、蚊、力《まぎらわしさ10》
Comments(0)TrackBack(0)clip!
(評)まぎらわしさ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔