G- なんでも評点:ペニスに噛み付く膣内装着型レイプ対策装置

2005年06月08日

ペニスに噛み付く膣内装着型レイプ対策装置


ギョっとするかもしれないが、ヤツメウナギの口の写真である。凶悪犯罪発生率世界第1位の南アフリカ共和国では強盗や殺人のほか、レイプの発生率もきわめて高い。昨年中に警察に通報があっただけでも、52,733件ものレイプ事件が発生している。被害に遭うのは年頃の女性だけではない。ゼロ歳児から80歳を超える老婆に至るまで、あらゆる年齢層の女性が被害に遭っている。

南アフリカ医療研究協会で長年働いてきたソネット・エラーズさんという女性が前代未聞のレイプ対策装置を発明した。これは、女性の膣内にタンポンのように挿入する装置である。レイプを未然に防ぐための装置ではない。

この装置のヒントになったのは、エラーズさんが20年も前にレイプ被害者の女性から聞かされた「膣の中に歯があればいいのに」という言葉である。無理やりキスしてきたレイプ犯の舌を噛み切った女性の話はときどきニュースになる。それと同じように、歯があればペニスを噛み切ることができるかもしれない。

ただし、この装置はペニスを噛み切ったりはしない。その代わり、ペニスにしっかりと噛み付いて取れなくなってしまう仕組みになっている。エラーズさんは、上記の言葉が頭から離れず、3年前から装置の開発に取り掛かっていた。

エラーズさんは、こう話している。「私たちは、自分の身を守るために何かしないといけません。この装置自体はレイプを防ぐものではありませんが、レイプ犯の特定を容易にし、有罪判決のためのゆるぎない証拠になります」。

この装置の写真やスケッチは現時点で公開されていないのだが、ソース記事の記述をまとめると以下のような特徴がある。

  • 女性がレイプに遭うと、装置がレイプ犯のペニスに巻き付くように折れ曲がる。顕微鏡でしか見えない微小な針が無数に取り付けられており、これが皮膚に刺さることにより装置がペニスから外れなくなる。

  • 自分のペニスに装置が取り付いていることをレイプ犯が知るのは、行為が終わった後である。(つまり、レイプ犯にその場で痛みを与えるものではない。下記のように、事が終わった後でレイプ犯にとって不都合なことが起こるのである)。

  • いったんペニスに取り付いた装置は、麻酔をかけないと痛くて外すことができない。したがって、レイプ犯は病院やクリニックに行かないと装置を外せない。→これにより、犯人の特定が容易になる。

  • 無理に自分で外そうとすると、ますます噛み込んでしまう。

  • 装置がペニスに付いていると排尿できない。このため、レイプ犯が装置を外さずに長時間過ごすことはできない。

  • レイプ犯が行為中に射精した場合、精液は装置の中に溜まるようになっていて、女性の体内には入らない。これによりHIV感染を防止する効果も期待できる。

  • 女性は毎日これを膣内に装着していなければならない。いつレイプ被害に遭うかわらかないからである。「歯を磨くように、毎日の習慣にしてしまえばいいのです」と発明者のエラーズさんは言うが・・・。

  • 装置の設計には、エンジニアのほか、婦人科医、精神科医、および泌尿器科医が当たった。すでに生産と流通が可能な段階に来ている。製造中に作業者が手で触れることなく、完全に“衛生的”な工場で製造されることになる。

  • 発明者のエラーズさんは、7月から見本品の製造を開始する意向である。スーパーマーケットや薬局などで、タンポンの隣に、この装置が陳列されることになるだろうと言う。


このように、レイプ被害そのものを防ぐ装置ではない。レイプが行われることを前提として機能する装置である。もっと突っ込んで言えば、犯人を窮地に追い詰めて、逮捕および有罪判決につなげるためのツールである。

発明者のエラーズさんは、この装置の普及によりレイプ犯の逮捕率が高まれば、結果としてレイプの発生件数が低下するはずだと考えているわけだ。しかし、当然のことながら物議をかもしている。レイプ自体をこの世からなくすべきなのに、レイプが起こった後で機能する装置は本末転倒ではないかというわけだ。

たとえば、CSVR(Centre for the Study of Violence and Reconciliation:暴力と和解研究センター)のリサ・ヴェッテンさんは、この装置を次のように疑問視している。

「いつなんどきレイプされるかもしれないからと言って、この装置を来る日も来る日も装着して暮らすなんて、女性が貞操帯を装着させられていたヨーロッパ中世の話じゃあるまいし。こんな装置を身に着けることで女性がレイプ犯罪に順応させられてしまうとしたら、おぞましいことです。

「こんな装置の開発と普及にエネルギーを費やすのではなく、男性の女性に対する意識と行動様式を変えていくことにこそエネルギーを注ぐべきじゃありませんか。

「こんな装置を使うことまで考えないといけないほどにまでレイプが日常化してしまったのかもしれませんが」。

さらに、National Network on Violence against Women(女性への暴力に関する南ア・ネットワーク)のスポークスパーソン、チャナツ・ミッチェルさんは、女性が自分の身を守るのは良いことだが、肝心なのは男性が自分の行動に責任を持つことだと話している。

ミッチェルさんは、この装置が逆効果をもたらす危険性があることを指摘している。「レイプ犯が自分のペニスに装置が取り付いていることに気づいたときが問題です。逆切れして、犠牲者にさらに暴力を振るう可能性があります」。

一方、この装置に全面的に賛成する意見もある。メンズ・フォーラムのスポークスマン、ムブイセロ・ボタさんは「女性の権利向上につながることであれば、何であろうと歓迎したい」と話している。

「私も自分の妻と二人の娘にこの装置を装着するように薦めるつもりですよ。レイプ犯予備軍に対して、簡単には済まないと悟らせる効果があるはずですから」。

ともあれ、本末転倒な話であることは否めない気がする。レイプ犯を撃退する装置にしないのは、撃退に失敗した場合が怖いからだろう(上にも似た指摘があるわけだが)。その点は理解できるのだが、レイプされること、レイプ犯がその場から逃げ去ることを前提として機能する本装置、やっぱりどこかおかしい。

本末転倒度8■■■■■■■■□□


さて、この記事の冒頭に示した写真はヤツメウナギの歯の写真である。この装置の名称はソース記事に記載がなかったのだが、ヤツメウナギを連想させることから、その英名lampreyをもじった名前になるかもしれない。

【追記】

この装置は、結局、RAPEXという製品名で商品化されることになった。




■Source: IOL - New device gives women teeth where it matters
上野クリニック
包茎治療・性病検査・パワーアップ・ED治療。全国21ヶ所にクリニックあり。年間3万件以上の相談を受け、過去20万件を超える実績。オンラインで相談・予約可。


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大事な所に噛み付く膣内装着型○○○対策装置  [ 極楽鳥使い ]   2005年06月08日 20:19
大事な所に噛み付く膣内装着型○○○対策装置つうか、されそうにな....
2. 噛み付く市内装着型装置  [ 時事イジリ ]   2005年06月08日 20:25
噛み付く市内装着型装置昔のえろ劇画でも
3. キラーコンドーム思い出したのは私だけではないはず  [ lazy.yh.land.to ]   2005年06月08日 23:05
【ペニスに噛み付く膣内装着型レイプ対策装置】 B級ホラーがもてはやされるブームって嫌いなんですよ。 ブームってほら、いずれは沈静化するでしょ? 一見さんが大挙して押し寄
4. レイプ対策装置  [ 花ビラの向こう ]   2005年06月09日 16:08
ペニスに噛み付く膣内装着型レイプ対策装置このレイプ対策装置は、レイプ防止になるものではないそうだが、レイプ犯の特定を容易にすることができるそうだ。(詳しくはリンク先を参照)レイプは最低の犯罪だ。対策装置がついに開発されることは良いことのように思うのだが、
5. 南アフリカ・レイプ犯を捕まえる装置を開発  [ 何人よれども・・・バカばっか ]   2005年06月18日 21:30
ペニスに噛み付く膣内装着型レイプ対策装置 凶悪犯罪発生率世界第1位の南アフリカ共和国では強盗や殺人のほか、レイプの発生率もきわめて高い。昨年中に警察に通報があっただけでも、52,733件ものレイプ事件が発生している。被害に遭うのは年頃の女性だけではない。ゼロ
6. レイプ対策用品(らしい)〜そこまでやる???  [ ウレスヂ日記 ]   2005年10月15日 22:50
これ、スウェーデンで考案されたFemDefenceという、レイプ対策用品らしいです。膣内に挿入しておくと、レイプ犯の局部に、ビシッと針が刺さっちゃうというもの。普通の人は、何も気にしなくて良いはずなのに、思わず、深読みして、退きたくなってしまう、町の警官のような...
7. メモとして  [ 『Moonless night』 ]   2005年11月02日 15:57
 UFJ銀 盗撮52カ所か昨今ニュースではちょいちょい取り上げられている話題なんですが・・・裏にそれなりの組織的犯罪グループがいるの...
8. 最新型コンドーム♪  [ 〜じょいなす〜 NEWSの女王 ]   2006年11月06日 09:43
はいはいはいっ! のまいぬです(*^_^*) みなさん 3連休 いかがお過ごしでしたか? のまいぬは 金曜は 学校の催し物のお手伝い 土曜日は 娘の 参観 & 耳鼻科 日曜日は 娘の塾の懇談でした。 あんまし パッとせん予定やけど 普段 これといってたいした...
9. 普及するんだろうか・・・  [ 空想官能小説:IMAGINERO ]   2007年02月14日 09:29
思わず悩んでしまったのが、この装置。 みなさん、何だと思います? なんでも、 「RAPEX―アンチ・レイプ・コンドーム」という、 女性がレイプされたときのための「装置」らしいです。 記事の詳細はこちら(ブログサイト「なんでも評点」)です。 ...

この記事へのコメント

1. Posted by …   2005年06月08日 22:01
犯人も用心して先に別なモノを入れてからコトに及ぶという対策に出るのでは?
2. Posted by (・∀・)   2005年06月08日 23:32
催涙スプレーとか警報ベルを国から支給出来ないのかな。女も犯されそうになったら「私はHIV患者です!移るわよ!」くらいのホラを言えば良いのに。通用しない?
3. Posted by 植木屋の恋愛事情・株式上場2005   2005年06月08日 23:37
これ・・・ずっと入れっぱなしってどうなんでしょう?(^^;
4. Posted by w   2005年06月09日 00:46
いきなりアレを入れるレイプ犯っているのかしら?普通指から入れませんか?
また、勃起時についたとして、萎えたらはずれてしまう気がするのですが。冷やせば萎縮すのではずしやすいと思います。
5. Posted by miccckey   2005年06月09日 02:50
みなさん、コメントありがとうございます。

この話のソースは、もともとCape Timesというローカル紙に掲載されたもの。日付も6月8日です。4月1日の記事を掘り起こしたわけではありません。

“ネタ”ではないとすれば、本当に効き目があるのか、本当にこんなものが店頭に並んだりするのか・・・・など、まあ想像を絶する話です。

萎えたら外れるんじゃないかと思えるし、下手に犯人のモノを傷つけたら、逆に犯罪になってしまう可能性もある。

ありえないような話だけど、真剣に考案されたものだし、周りの反応も真剣。
6. Posted by J   2005年06月10日 03:20
制作者の想定した用途以外に使われる可能性の方が、高い気がするのですが。
拷問だったり、浮気男への罰としてだったり。
7. Posted by これは罠ね   2005年06月10日 05:08
1. 寝ている間に装着
2. この男にレイプされましたと裁判
3. ウハウハ
8. Posted by king curtis   2005年06月10日 22:01
すげ〜
筐体はエイリアンの子供を連想しました。
しかし、よくよく考えると普通に貞操帯つけていた方がレイプも未然に防げてとってもイージーな悪寒。
9. Posted by maji   2005年06月14日 00:20
まぁ、マジレスしちゃうと魚かなんかの口だけどな。この画像は
10. Posted by vvv   2005年06月14日 00:23
>maji

記事の終わりにちゃんと「ヤツメウナギ」だって書いてあるじゃん。
それに写真にカーソル乗っけると、「ヤツメウナギの口の写真である」
って出てくるし。マジレスの意味がわからん。

  
22. Posted by うはwww   2007年01月23日 17:02
これはレイプした奴の方が可愛そうだぞww
26. Posted by k   2007年06月11日 19:29
>>10. Posted by vvv
その上の「エイリアンの子供を連想」に対してだと思われる。
”写真を見て連想したのであれば、実際の商品ではない”という意味。
27. Posted by 名無し   2007年09月12日 13:29
男性の意識と行動様式を変えるべきとかww南アフリカのカオスっぷりを知らないから言えることですな…
28. Posted by あ   2008年02月10日 16:31
>11. Posted by うはwww
>これはレイプした奴の方が可愛そうだぞww

レイプされるのがどんなに嫌なことか
尊厳を汚されるか想像つかないのかな。

このゴムがはずれないとばれた時に
女性が安全でいられるか…問題多い商品だけど
これで反撃できれば精神的には少しは救われる。
逮捕したら、もう二度とレイプできないように
両手or両足orペニスと睾丸のどれかを
チョン切ってやればいい。不当に奪った罰。
29. Posted by 名無し   2008年06月12日 17:44
もし、この装置を付けたまま結婚して性行為をしたらどうなるんだか・・・
31. Posted by たんぽぽ   2009年05月21日 02:30
この発想というのは、
「人間には猫の性器の逆バージョンを!」って
ことなんだろうね...。

実際にオス猫の性器には「釣り針」の様な
「返し状」の突起がある仕組みで、
交尾の際に簡単に性器が抜けない仕組みに
なってんだよね(ザラついた猫の舌みたいに)。

それで性器が抜ける瞬間はこの「返し」のせいでもうめちゃ痛くてメスが激怒するわけ。
(オスを引っ掻いて逃げてるでしょ?)

だけど実はこの「痛みの刺激」によって
初めてメスは発情してホルモン生成するらしい。それでやっと妊娠準備が整うらしい。
猫の交尾というのはオスもメスも
命がけなんだそうな。

人間にはこの「返し状の突起」が無いから
いつでもセックス可能でいつでも
発情するのだろうともいえるよね。

まぁ猫以外はたぶん「亀頭」が一応の返し部分のつもりになってるんだろうけど...


ともかく、この発想じゃなくて
他に方法はないのかなぁ?

即効の「女性ホルモンスプレー」とか
「ED促進スプレー」とかはないの?
他にも「女性用の擬似チ○ポ」とかで
レイプ犯がうろたえたり...。
もちろんこの擬似チ○ポはスイッチ押すと、
一瞬でレイプ犯のモノよりも
巨根の勃起状態になって、
唐辛子入りのスペルマがレイプ犯を目掛けて
何度も飛び出す仕組みになってるとかさ...
「掘られちゃマズイ!」って逃げるようなグッズはないの?








 







32. Posted by     2009年06月28日 01:15
どこらへんが本末転倒かよく解からんが、予防
ではなく対症療法に全力を尽さなければならないこの状況をよく理解してあげたら?
もうすでに個人を守るのは諦めていて統計の数を減らす事からはじめてるんじゃないの?
33. Posted by    2009年08月22日 09:30
特亜がハニートラップで使いそうですねw

ターゲットの男が寝ている間にスパイ女が男のペニスに装着する

女がその男にレイプされたと嘘をつき訴える

男は装置を付けられているので言い訳不能

ターゲットの男の社会的抹殺に成功
34. Posted by ふむ   2010年02月28日 19:09
いきなりちんこ入れられるって所が、童貞臭いところだ
成功における知識の欠如が、こういう意味のない発明を促すんだな
前戯の際には指を、場合により器具を挿入するだろう
それとも、血流や熱などを感知する機能でも付いてるのだろうか
けど、女性が自分で付けられる器具なら、いくらでも外せるような・・・?
外科手術が必要なら普及はしないだろうし・・・
35. Posted by いいな!   2012年12月18日 02:37
犯人を捕まえた後は性癖矯正施設にいれる。
とにかくレイプ犯は常習が多いのでレイプしたヤツには男性ホルと女性ホルを害がない程度与えて女装で過ごさせる。
そしてアナルを調教する!
それだけでもう別人のようになる!
段階を踏んでいけばぺニスを使わなくなる!女性に興奮しなくなる。
自分から女のように 振る舞いだす人も出てくる。
そうしたところで被害者に謝罪させる。
36. Posted by This Internet site   2014年05月10日 19:17
e-cigs brand なんでも評点:ペニスに噛み付く膣内装着型レイプ対策装置
37. Posted by published here   2014年05月11日 19:50
electric cigarette なんでも評点:ペニスに噛み付く膣内装着型レイプ対策装置

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔