なんでも評点:ロシアの耳鼻咽喉科医が収集した“仰天症例集”− 20センチの釘が2歳児の耳から鼻まで貫通など

2005年05月24日

ロシアの耳鼻咽喉科医が収集した“仰天症例集”− 20センチの釘が2歳児の耳から鼻まで貫通など


ロシア南部のスタフォロポル(Stavoropol)の病院で耳鼻咽喉科部長を務めるウラジミール・カルポフ医師は、過去20年間にわたって、耳、鼻、喉に疾患や怪我を負った患者の診察と治療に専念してきた。そんな中、彼は、ときどき遭遇する“仰天症例”の記録とレントゲン写真を収集してきた。

カルポフ医師の“コレクション”には、以下のような症例がある。
  • 48年間も鼻の穴に爆弾の破片が入っていた

    1987年のある日のこと、老人が鼻の痛みを訴えて受診にやって来た。診察してみると、鼻の奥に爆弾の破片が詰まっていた。二次大戦中のものだった。鼻腔に爆弾の破片が入って48年も経過してから、患者は痛みを覚えるようになったのである。それまで、ほとんど違和感を覚えることもなかったらしい。

    「この症例に遭遇して以来、私は“仰天症例”の収集に熱中するようになったのです」とカルポフ医師は話している。

    【当ブログで以前に取り上げた類似例】


  • 20センチの釘が2歳児の耳から鼻まで貫通

    2歳の坊やが建設現場で遊んでいた。長さ20センチの釘を見つけ、それを手に取っているところに木の板が落下してきた。板がハンマーのように作用し、釘が坊やの耳に打ち込まれた。釘は、頭部を貫通し、先端が鼻から出てきた。

    「身の毛もよだつような事故でした。でも、私たちは幸いにも、坊やの命を救うことができました。今では、すっかり元気になっています」。(ソース記事の一番上の写真)。

    【当ブログで以前に取り上げた類似例】


  • 針入りの水を飲んだ少女

    ジプシーの少女が、自分の姉に手渡されたコップの水を一気に飲み干した。細い針が水に入っていたことに気づかなかった。水と一緒に針を飲んでしまい、喉の軟組織に突き刺さってしまった。水を飲んだ後、少女は具合が悪くなった。

    喉に引っかかった異物を取り除こうと、家族たちがあれやこれや手を尽くしたが、逆に事態を悪化させてしまった。

    「結局、家族が少女を病院に連れて来たわけですが、針を取り除くには、扁桃腺を切除せざるを得ませんでした。少女の姉がわざと水に針を入れたのかどうかは、結局、わからず仕舞いでしたね」。(ソース記事の真ん中の写真)。

  • 自分の喉に詰まった肉をワイヤーブラシで取り除こうとした女性

    「患者の命を救えなかったケースもあります」とカルポフ医師は言う。本件では、調理中の女性が肉の焼け具合を確かめようとして、一片の肉を口に入れた。その肉片を喉に詰まらせてしまった。飲み下すことも吐き出すこともできなくなった。

    「自分の作った料理で死ぬのだけはご免だと思ったのか。肉片を喉から下に押し込むしかないと考えたようです。驚くべき方法で・・・」

    彼女はワイヤーブラシを手につかみ、それを喉に挿入して、中の肉片を押し下げようとした。しかし、食道をひどく損傷してしまい、命を落としてしまった。

    おそらく、呼吸のできない状態でもがき苦しみながら選んだ方法だったのだろう。

  • 鼻が鶏卵ほどまで膨らんでしまった大酒飲み

    カルポフ医師は、地元に住んでいる男性の写真を見せる。この写真には、鼻が巨大化した男性の横顔が写っている。鶏卵ほどの大きさがある。(ソース記事の一番下の写真)。

    「来る日も来る日も酒を飲み続けた男性です。アルコールを絶やさず大量に摂取していると、この写真のように鼻が巨大化することがあるのです」。





■Source: Pravda - Doctors take huge nails, needles and bomb fragments out from their patients

当ブログの全記事一覧を見る



この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ハーレムを作るカリスマナンパ師   2005年05月24日 15:22
耳から鼻まで貫通とはおそろしすぎますね^^;
2. Posted by 植木屋の恋愛事情・株式上場2005   2005年05月24日 20:23
アルコールの力は恐ろしい(^^;
3. Posted by にお   2005年05月24日 21:55
この記事に関してのコメントでなくてすみません。
背景画像が固定(?)されてるので、本文のスクロールが
とても遅いのです!!
Operaなのだからかもしれませんが。。。
CPUは2GHzあります。
何とかしてほしいです。。。!!!!
4. Posted by miccckey   2005年05月25日 02:22
>にお さん

本文のスクロールが遅いという現象は、いつも発生していますか? 最近、夜間の時間帯になるとライブドア全体が重くなること多いのです。それとは無関係でしょうか?

ほかのOperaユーザーの方もスクロールが重いでしょうか?

デザインは大幅に変更したいと考えてるんですが、なかなか時間が取れません。

ライブドア全体が6月に大幅リニューアルするということなので、それにあわせて当ブログもデザインを一新したいなあと思っています。

ただ、Operaユーザーの皆さんがどなたもスクロールの遅さに困っておられるようなら、早めになんとかしたいと思います。
5. Posted by yuki   2005年05月25日 07:21
Opera使ってます。

びっくりするほどではないですけど、何故か微妙に重い感じはあります。
時間帯は関係ないように思います。

ただ、それがbgの影響かというと分からないんですけど。
6. Posted by にお   2005年05月25日 10:33
すみません。ちょっとヒステリックな書き方でした。。
お許しください。

スクロールが遅い(というよりも動きがごつごつして、
なめらかでない)のはいつも発生しています。
IEで試してみたら同様でした。
スクロールが「とても遅い」というのは言い過ぎで、
yukiさんが言っておられるように
微妙に重くて(他のブログやHPに比べると)
快適感が少し損なわれているかな?ぐらいです。
もちろん、人によって感じ方は異なると思いますし、
気にならない方もいると思います。
でも、私はスクロールさせながら下まで一気に読んでしまうタイプなので、
動きがごつごつして少々読みづらかったため書かせていただきました。
びっくりさせてすみません。

たぶん、背景画像(茶色いブロック?の画像)が
スクロールしないように設定されているのが原因だと思うのですが、、
HTMLタグで言えば、BGPROPERTIES=FIXEDでしょうか。
7. Posted by にお   2005年05月25日 10:34
(続き)


ブログでなくても、背景がスクロールしないようになっているサイトは、
同様に微妙に重たい感じがします。

記事がとても面白いので、
(私にとって)もっと快適に読めるとうれしいな〜
と思って書かせていただきました。
気分を害しましたら申し訳ございません。
もし、このコメントがこの場にふさわしくなければ
削除してしまってください。

8. Posted by Cheap Louboutins   2011年07月04日 18:15
的を得るを射るだと馬鹿にして指摘する頭の悪い人が多いことでしょう
9. Posted by knowing it   2014年05月10日 18:44
volcano ecig なんでも評点:ロシアの耳鼻咽喉科医が収集した“仰天症例集”− 20センチの釘が2歳児の耳から鼻まで貫通など

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎-->