なんでも評点:便器の蓋を閉じておかないと逆流したものが噴出してしまう?

2005年05月20日

便器の蓋を閉じておかないと逆流したものが噴出してしまう?


豪州ビクトリア州のセールという町で、南東部の一般家庭に色刷りのパンフレットが届けられた。奇妙なことが書いてあった。「来週1週間にわたって、必ず便器の蓋を閉め、重しを乗せておいてください」。

このパンフレット、地元の下水管理会社が作成・配布したもの。来週、高圧噴射洗浄装置を使って下水本管の洗浄を行うという。

しかし、なぜ便器の蓋を閉めた状態で重しを乗せておかなければならないのか? 

実はセール市では、数年前に下水管洗浄をしたときに事故が起きた。洗浄作業中に汚水が下水本管から枝管に逆流し、ある民家の便器からトイレ内に噴出してしまった。壁、床、天井などが汚水まみれ、汚物まみれになってしまったことは言うまでもない。

被害に遭った住宅の持ち主の女性は、法的処置も辞さないとの構えで下水管理会社に強硬に抗議した。下水管理会社は、清掃員を派遣して掃除に当たらせたが、女性はそれどころの被害ではないと不満を訴えた。とにかく、悪臭がいつまで経っても消えないという。

さてところで、パンフレットに書かれている警告文には、はっきりしない点がある。

筆者もそうだが気になっている人もいるだろう。来週1週間にわたって、便器の蓋はずーっと閉めておかなければならないのだろうか? だとしたら、その間、トイレを使用してはいけないのだろうか? もし蓋を開けて便器を使用したら、どんなリスクがあるのだろうか? これらの点は、パンフレットでは一切触れられていないという。

トイレを使用してよいかどうかをパンフレットに書いていないことの真相はよくわからないが、歯切れの悪い話である。

歯切れ悪さ8■■■■■■■■□□


訴訟大国アメリカではなくオーストラリアの話なわけだが、もしかすると訴訟対策のために意図的に上記の点をぼかしているのかもしれない。つまり、洗浄作業中に住民が便器の蓋を開けて用を足しているときに、糞尿が逆流して噴出してきたとしよう。その住民はかなりひどい目に遭うはずで、訴訟を起こすだろう。

下水管理会社側としては、そのような訴訟を起こされた場合に「パンフレットには蓋を閉めておけと書いてあった。だから、それは住民の不注意によるところが大きい」と主張し、自らの賠償責任を減じようという狙いだったりするかもしれない。



■Source: ABC News Online- Residents told to batten down toilets

【関連記事】



当ブログの全記事一覧を見る



この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




miccckey at 00:06│
はてなブックマーク - 便器の蓋を閉じておかないと逆流したものが噴出してしまう?
Comments(5)TrackBack(0)clip!
(評)歯切れ悪さ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無し   2005年05月20日 12:42
不思議なのだが、おたくの「何でも評点」には、ブログランキングからいつも入っているが、色がいつまでたっても青のまま。つまり履歴に残らない。他のブログはそんなことないのに。これはライブドアの陰謀ですか?
2. Posted by 名無し   2005年05月20日 12:43
すいません。そう思ったら、ちゃんと紫になってましたw
3. Posted by ハーレムを作るニート【本能寺の変】   2005年05月20日 16:24
トイレをしてる時に逆流してきたら地獄ですね(笑)
4. Posted by SGYG-   2005年05月20日 22:12
歯切れ悪し・・・なんだか
5. Posted by 植木屋の恋愛事情・株式上場2005   2005年05月21日 00:38
すごい勢いで逆流したんですね(^^;

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎-->