G- なんでも評点:お腹の中に異物を入れて臓器のスペアを作る

2005年04月20日

お腹の中に異物を入れて臓器のスペアを作る


われわれのお腹の中には、腹腔と呼ばれる空洞があり、そこに胃、肝臓、小腸、大腸などさまざまな臓器が収まっている。人間の腹腔の中に異物を入れておくと、面白い現象が生じるらしい。

アコヤガイやイチョウガイの外套膜の中に異物を入れると、真珠袋というものが形成され、やがて真珠が出来上がる。これとよく似たことが人体の場合にも起こる。人間の腹腔内に異物を入れると炎症反応が生じ、骨髄細胞が異物の周囲に集結する。これらの細胞が何層にも重なって異物を取り囲んでしまう。

豪州クイーンズランド大学の研究チームが、この現象を応用した医療技術を開発している。患者の腹腔に異物を入れて、骨髄細胞で異物を取り囲ませる。2〜3週間後に異物を取り除いた後、組織をさらに成長させる。そして、最終的に病変部の組織の代わりに、培養した組織を移植する。腹腔を一種の“バイオリアクター(生物反応炉)”として利用するのである。

ジュリー&ゴードン・キャンベル夫妻率いる研究チームでは、既にラットと犬による動物実験を済ませている。体腔内で成長させた組織を取り出して、本来の組織の代わりに移植することに成功した。拒絶反応や感染は見られなかった。人間の患者を対象とした臨床試験がまもなく開始される。

この医療技術は、特に人工透析を受けている腎臓病患者に有効だという。ただし、腎臓を作ることはできない。心臓や脳も、もちろん無理。この方法で作成できるのは、動脈、静脈、子宮、膀胱などの代用になる平滑筋組織である。平滑筋は、腕や脚などの筋肉とは違い、自分で意識して動かすことのできない筋肉(不随意筋)である。

人工透析は、血管に針を差し込んで行われる。このため、定期的に透析を受けている人は、血管が損傷してしまう。その損傷した血管の代わりに、この方法で培養した組織を移植できることになる。

ソース記事には、おおむね上のようなことが書かれている。筆者的には、結構意外な話である。

意外性7■■■■■■■□□□


医療過誤で体内に置き去りにされたメスやガーゼの周囲にも、同じ仕組みで平滑筋が形成されるのだろうか?

この技術、いろんな応用が利きそうだ。たとえば、男性から女性への性転換手術にも使えそうだ。培養する組織の大きさや形状は、最初に入れる異物の大きさ/形状で決まるのではないかと思われる。

貝の場合、真珠袋の中で真珠質というものが分泌され、やがて真珠が出来上がるのだが、さすがに人体真珠を作るのは無理か。




■ Source: News24.com - Body can grow spare parts


この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




miccckey at 01:04│
はてなブックマーク - お腹の中に異物を入れて臓器のスペアを作る
Comments(2)TrackBack(0)clip!
(評)意外性 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by maman777   2005年04月20日 09:52
ブラックジャックに手術でメスを体内に置き忘れてて固い殻みたいなのに包まれた状態で発見されたって話があったような。
2. Posted by Highly recommended Site   2014年05月11日 03:31
e cigars なんでも評点:お腹の中に異物を入れて臓器のスペアを作る

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔