2005年03月18日

海綿体から血を抜くハメになったのは怪しい勃起薬が効きすぎたため


ベトナム・ホーチミン市の病院に隣県から47歳の男性が運び込まれてきた。命に別状がないことは明らかな症状だったが、人前に出たり歩き回ったりするには不自由な症状だったかもしれない。

彼は、2日前から勃起が収まらないと医師に訴えた。バイアグラの類似品を1錠飲んだだけで、効き過ぎてしまった。彼はその錠剤を知人から1錠200円ほどで買い、その晩、密かに服用した。どうやら勃起物を活躍させる予定もないのに勃起させてしまったらしく、異性と交わったりはしていないという。
結局、医師たちは小規模な外科手術を施して、勃起を収束させた。海綿体に充満している血液を抜き取ったのである。実際には注射器で血を抜いただけかもしれないが、ソース記事には“a minor operation to drain some blood”と書かれている。

男性は、ほかに錠剤を持っていなかったため、その錠剤にいったいどのような成分が含まれていたかは不明とのこと。ただ、この錠剤、中国製であったことだけは分かっている。たった1錠でそこまで効いてしまうなんて凄いといえば凄い。

ともあれ、怪しい薬剤には注意しないといけない。場合によっては命に関わることもある。危険物に近い場合もあるのだ。本件の場合は、恥ずかしい思いと不自由な思いをするだけで済んだわけだし、そもそも彼は1錠しか飲んでいないので不注意と言い切れない。ということで、次くらいに評価しておこう。

危険物取り扱い不注意度3■■■□□□□□□□


最近、うちのブログのある記事に、しつこく何度も無関係なトラックバックを送ってくる輩がいた。いくつものアフィリエートブログを“経営”しているらしく、消しても消してもトラックバックが送られてきた。そのほとんどは、中国製の怪しい健康食品(もしくは漢方薬?)の紹介記事であった。

昨日深夜、偉そうな人に高そうな焼肉屋でおごってもらったら翌朝からちんこが勃って勃って仕方ない件についての記事にさえ200件のコメントが付く“隊長”さんの場合、焼肉のたれに中国製の怪しい薬剤が混入していた可能性もあったりして。

まあ、ご本家のバイアグラも使用注意な点はあるらしい。前に記事にしようと思ってやめたのだが、米国の田舎町では、出かける前にバイアグラを飲んだら勃起してしまったと弁解している男がいた。彼にかかっていた容疑は、公然わいせつだった。勃起して仕方がないので、人前で外に露出させてしまう結果になったと弁解していたのだが、ホントかどうかは怪しいところ。

そうそう、どこぞのアフィリエートブログからのスパムが来る前に、こっちでアフィリエートしてしまおう。バイアグラが欲しい人は、次のオンラインショップへどうぞ。

アメリカのサプリメントが充実のラインナップ





■ Source: IOL - Fake pill gives man a hard time

当ブログの全記事一覧を見る


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 勃起力自慢!妻もビックリ不全オサラバ ア-サーキング  [ くちこみ評判良品 ]   2005年10月24日 20:12
飲んで1時間もたたずムズムズ
2. バイアグラって最近どうなの?  [ HIROTOの思い出 ]   2006年03月22日 10:18
最近すっかり聞かないですな。 出たばかりの頃は ED治療薬としてだけではなくて ...

この記事へのコメント

1. Posted by 山田優のうんこ食べたい(株)   2005年03月18日 11:08
勃起薬も恐ろしいもんですなあ、、、。
2. Posted by カリスマネットナンパ師   2005年03月18日 19:53
怪しい薬には要注意ですね!

あそこが壊れてしまったらもともこもありません^^;

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔