G- なんでも評点:友人の脳をフライパンで焼いて食べた“リアル”ハンニバル

2005年03月17日

友人の脳をフライパンで焼いて食べた“リアル”ハンニバル


当ブログでは、“事実は小説(マンガ・アニメ・映画)より奇なり”を地で行くようなストーリーを何度か紹介してきた。しかし、リアル・ハンニバル・レクター(映画「羊たちの沈黙」&「ハンニバル」)とも言うべき人物が実在したとは・・・・

先日、ロンドンの法廷でピーター・ブライアン(35歳)に二重の終身刑が言い渡された。彼は二人の男性を死に至らしめた(実際には三人だが、この裁判は2件の“致死”に関するもの)。しかし、心の病を持っていると鑑定されたことから殺人罪扱いではない。
ブライアンは、1993年にハンマーで20歳の店員を殺害して逮捕された。しかし、精神鑑定の結果、刑事責任能力がないと判断され、触法精神障害者収容所に収容された。そこで7年間過ごした後、2001年に退院している。

その後、ロンドン東部の精神衛生施設で生活していたブライアンは、2004年2月、ウォルサムストー近くに住む友人の家を訪ねた。彼は43歳の友人チェリーさんを殺害してしまった。付近の住民が悲鳴を聞き、警察に通報した。

警察がチェリーさんの家に到着すると、ブライアンはチェリーさんの死体を既に解体しており、体の一部と脳をフライパンで調理しているところだった。

本件を担当したアフタブ・ジャフェリジー検事によると、ブライアンはチェリーさんの頭部に24回の殴打を加えた後、包丁でチェリーさんを切り刻んだ。警察が到着したときには、既にバターで焼いた脳の一部を胃袋に収めていた。

ブライアンは、黒いスーツに身を包んで法廷に現れ、自分がチェリーさんを殺害したことを認めた。ただし、刑事責任が減じられていることから、罪状は殺人罪(murder)ではなく致死罪(manslaughter)である。

グリッジ・フレスター裁判官は、判決文を読み上げる際、ブライアンに向かって言った。「あなたは、人の肉を食べるときに興奮を覚え、みなぎる力を感じたのですね」。

究極の、予想も付かない暴力の発現であったと裁判官は表現している。「その背景には、猟奇性と性的衝動がありました。あなたが犯した犯罪は、あなたの病を斟酌(しんしゃく)しても、比類なく重大なものだといわざるを得ません」。

ブライアンは、もう1件の“致死事件”を起こしたことを認めた。チェリーさんを死に至らしめた後、収容されたブロードムア触法精神障害者収容所で59歳の収容者を襲撃し、重傷を負わせた。

2004年4月、収容所に入って1週間が経過したとき、ブライアンは59歳のラウドウェル収容者の頭部を食堂の床に打ち付け、ひもで彼の首を締めようとした。ラウドウェル収容者は、そのときに負った傷のために2ヵ月後に死亡した。

その事件の数日前から、ブライアンはラウドウェル収容者を襲撃して食べようと思っていた。「59歳のラウドウェル収容者を標的にしたのは、彼が収容所内で最も弱者であり、“食物連鎖”の末端にいたからだ」とブライアンは弁護士に話している。

ブライアンは、収容所のスタッフにも攻撃を加えた。誰かの鼻を食べたかったからだという。

精神科医がブライアンに面接して聞き出したところによると、体の各部を食することは、ブライアンにとって一種の魔術的な儀式なのだという。これにより、犠牲者のパワーをブライアン自身に転移させることができるのだと。ブライアンは、これを“胎動感”という言葉で表現している。

ブライアンによれば、人間の肉は、“自然界の食物連鎖”の一部をなしている。ブライアンは、人間の血を飲むことも欲していた。血液はプロテインの宝庫なのだと。

精神科医は、ブライアンが妄想性の統合失調症を患っており、人格障害も認められると証言した。紳士的に振舞うことができる一方で、非常に暴力的な性質を持ち合わせているという。

さて、ブライアンが起こした事件そのものは、非常にショッキングであり、まさにハンニバル・レクターを髣髴とさせる。しかし、その背景にある問題の微妙さ・複雑さは、なかなか「なんでも評点」的アプローチを寄せ付けない。ここでは、“はがゆい”のたった一言でお茶を濁すにとどめよう。

はがゆさ9■■■■■■■■■□





■ Source: News24.com - Brit fried friend's brain

当ブログの全記事一覧を見る



この記事の先頭に戻る

Google
WWW を検索 評点




miccckey at 13:41│
はてなブックマーク - 友人の脳をフライパンで焼いて食べた“リアル”ハンニバル
Comments(21)TrackBack(1)clip!
(評)はがゆさ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 人間性ってなに?  [ 黄泉[裏]新聞 - 号外 ]   2005年03月20日 01:03
寄生獣―完全版 (1) 岩明 均 なんでも評点さんの所で、 [友人の脳をフライパンで焼いて食べた“リアル”ハンニバル] なんてエントリーがアップされているのだが、 件のサイトの管理者であるmiccckeyさんは、記事内で扱われている事件に対して、「羊たちの沈黙」&「

この記事へのコメント

1. Posted by カリスマネットナンパ師   2005年03月17日 19:03
実際に人の肉を調理して食べる人がいるんですね!!^^;

おいしいのかな。。。
2. Posted by ぶにん   2005年03月17日 19:13
凄惨な事件ですね。小生は不登校児童とその親のカウンセラーをしておりますが、さすがにこのようなケースには立ち会ったことが無いです。
「頭を殴って、脳味噌をむさぼる」と聞くと、たしかにハンニバルを連想しますが、発想を転換させると、「それいけアンパンマン」の、ばいきんまんがカツどんマンをいじめて、頭のカツ丼を食べているイメージが浮かんでくるのは小生だけでしょうか・・・
3. Posted by 中国人   2005年03月19日 18:21
> カリスマネットナンパ師さん
私が見ているマンガの中で一人のキャラが
人の肉はうまいのかという話題を持ち出しました
(中略)
肉食動物の肉はマズいんだ!
なので不味いと思います
4. Posted by コア   2005年03月21日 09:43
食物連鎖の端末って表現は素晴らしい!!
35でこのカニバリを達成するとは★
ちょぃと武装してブライアンに会ってみたいですな♪
5. Posted by ドレイク   2005年08月10日 15:47
> カリスマネットナンパ師さん
かのジェフリー・ダーマーが、
「あんたも人の肉を食ってみなよ。野菜と一緒に食うと凄くうまいぜ。他の肉なんて食えなくなるよ。」
と言ったそうですから、美味しいのではないでしょうか?
特に、腐りかけの上腕二頭筋や、脳みその網焼きは絶品だそうです。

試しに食べてみられると言うのでしたら、他人に迷惑の掛からない範囲でどうぞ。
6. Posted by 通りすがり   2005年10月31日 22:59
多分実際に美味しいのではなく、興奮状態にいるから美味であるかのように感じるのでしょう。
あと好みは人それぞれで、他人には到底美味しいとは思えない食べ物が好物だということは、日常的にも良くありますから。
7. Posted by 戸部政俊   2005年11月03日 04:10
通りすがりの者です。
えと、人肉は女性より男性の方が美味しいらしいです。女性の肉は柔らかいそうですが、味は落ちるそうです。
勿論、成人より子供の方が美味しいのは確かですが。
中国では水子や胎児は漢方薬になるって聞きましたよ。あとは保存食らしいです。
何処の部位をどのように調理するかで美味しさが変わると本に書いてありましたよ。補足までに。
「食人大全」だかに詳しく載ってます。
8. Posted by 芋   2005年11月04日 16:22
あなたがいつも口にする肉を考えてください。

一般的に食べられている牛・豚・鳥。
すべて草食動物です。

肉食動物の肉はにおいや癖が強くあまり好まれてはいないと思いませんか?

ということで、人間の肉はおいしくないんじゃないかと・・・
9. Posted by 通りすがりの者ですが・・・   2006年01月06日 03:47
過去にフランスでオランダ人女性を撃って食した日本人のS氏に聞いた話では、正直なところ夢にまで見た人肉を前にして味はよく分からなかったけど、美食家の彼いわく、あまり美味しいお肉ではなかったと言ってました。どちらかと言えば鶏肉に似た味だとか。胸は脂肪ばかりでまるでスポンジのような断面をしていて焼くと溶けて縮んでしまったとか。直接臀部など性的な器官を歯で噛み千切ろうとしたが出来なかった事と、当時は料理ができなかったので塩コショウで焼いて食べるくらいしかできず残念だともおっしゃってました。
10. Posted by 通りすがりの者ですが・・・   2006年01月06日 03:55
続き

ちなみに彼も精神鑑定の結果、無罪になっています。
私もある男性にどうしてもと言われ彼が自分で切った耳たぶの欠片を食したことがありますが、あまりにも小さくて血の味が抜けた後は、コリコリしてたってのと汗(?)のしょっぱさくらいしか印象に残ってません。
11. Posted by 名無し   2006年01月06日 15:41
人間は雑食じゃないですかね?
12. Posted by 通りすがり   2006年01月08日 01:54
自分の腕の肉をスライスして時々食べますが、傷のあとで盛り上がっているところ食べる聖かもしれませんが、非情にこりこりとした食感があります。ちょうどミミガ-とかそんな感じに。正直味はほとんどないですが、興奮はします。私にとっては観念的に人じゃないものに近づくという一種呪的な儀式に近いので。
血に関しては非常に甘くてうまいです。喉に張り付く感覚もなんともいえず。でも酒に溶かしてみるってのは失敗でしたね…
14. Posted by 梨   2006年06月20日 01:29
>中国人さん
それはもしかして
ジョジョの奇妙な冒険ですか?
15. Posted by t-a   2006年06月28日 06:47
>名無しさん
雑食の動物は美味しい物や珍味な物もあるから、人間って美味しいのかも・・・?
16. Posted by 水銀   2006年07月07日 20:35
人の肉はザクロの味がすると聞いた事がありますね
17. Posted by 28   2006年07月08日 16:18
肉食ってるやつは不味いんじゃないですか?
ライオンとか普通に食べないでしょ

>>米3
おれはカリスマシェフがうまいって言っても
猫は食べませんよw
18. Posted by 774   2006年07月11日 23:14
人間の肉は生ででたベるとすっぱいって、
小学校の時先生に言われました。
実際どうなんでしょうね。
19. Posted by kkk   2006年10月05日 15:23
雑食の動物の肉は臭みが強い。
よって人肉も臭いのではないか。
20. Posted by カニバ   2006年10月11日 12:28
佐川一政で検索かければ、想像の世界じゃなくて現実が分かりますよ。
実際食べた人のお話しですから。
21. Posted by サタルハ   2007年10月12日 21:33
怖い怖い。
友達にいきなり殺されるとか、怖すぎだろ。
しかもその後胃袋に流されるのかYO!
それ、なんてホラー?
23. Posted by あい   2009年09月10日 22:28
美味しそうだけど何か変な病気になりそうだから遠慮するわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔