2004年06月19日

透明ブログで透明人間気分


6月のアーカイブが表示されなくて困ってます。HTMLファイル自体は存在するのだけど、透明になってしまう。5月のアーカイブはちゃんと表示されるので、cssファイルに問題があるとも思えない。 【6月23日追記】どうやら、筆者が自分のPCから表示したときだけに発生する問題のようです。読者の方のPCからはちゃんと表示できると思います。未だに原因不明。


例の「抜き打ちメンテナンス」終了後に突然、こんなふうになりました。タグのチェックが厳しくなったのかと思い、不適切なタグが入っていた記事を洗い出して修正したけど効果なし。やっぱり、メンテ後のトラブルの1つかもしれない。

というわけで、皆さん、過去の記事の6月分をクリックしても壁紙が表示されるだけです。同様にカレンダーの日付をクリックした場合も記事は表示されません。

実際には表示されているのだけど透明になってしまっているのです。その証拠に、壁紙の上で、実際にはリンクがある位置までカーソルを移動すると、カーソル形状が変化します。なぜか透明になってしまっているのです。こちらのエラーをライブドアさんのせいにしてしまってはいけないので、もう少し調査しようと思いますが、ほかのライブドアユーザーで「抜き打ちメンテ」後に似たようなトラブルに陥っている人はおられないでしょうか?

まあ、1つ、くだらないアイデアが浮かびましたけどね。念力ブログとはちとコンセプトが異なるけど、「透明ブログ」。意図的にブログを透明にする方法はありますよ。一番簡単なのは文字の色と背景を同じ色にしてしまう方法。cssを使う高度な方法もあると思うけど。

透明ブログにしてしまうと、本当は、そこにいろんな情報が書かれているのだけど見えないのです (このブログの6月アーカイブがそうであるように)。こんなところに書いたらいけないようなことや決して人に言えないような恥ずかしいことでも堂々と書けてしまうので、書き手が異様な興奮を覚えることもありえます。何を書いても大丈夫。みんなが見に来るけど、決して誰にも見られない。透明人間になった気分を存分に味わえます。

それだけじゃ刺激が足りないというなら、透明でない記事にアクセスできるリンクを透明な画面のどこかに隠しておけば面白いかもしれません。ドキドキ感がたまらないかも。

仕事が立て込み、連夜の睡眠不足で、こんなくだらないことしか思い浮かばず、まことに申し訳ありません。もう一度、Sorry君を登場させて陳謝いたします

ご理解
僕らがどんなに腹立たしいときでも、お辞儀を繰り返して
僕らを和ませてくれるSorry君


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

miccckey at 00:39│
はてなブックマーク - 透明ブログで透明人間気分
Comments(5)TrackBack(0)clip!
日記風 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by miccckey   2004年06月19日 00:47
アップした直後に気づいたので自己コメント。

透明ブログは、やっぱり無理です。HTMLファイル自体は存在しているので、ブラウザ上で文字が表示されていなくても、HTMLファイルをテキストエディタなどで開くとテキストが見えてしまいます。

というわけですので、良い子の皆さんは決してマネをしないように。
2. Posted by Liz   2004年06月19日 01:37
こんばんは。

直ってませんか・・・?
普通に表示されてますよ、カレンダーや、その他数箇所クリックしてみましたが、どこも、ちゃんと読めます。

3. Posted by Liz   2004年06月19日 01:43
あ、、!失礼、もともと、『自分の過去記事が自分の環境でのみ、表示されない状態』、という事を言っておられる訳ですね、、。
私は幸い、そういう事態は免れております。
早く直りますように。
4. Posted by miccckey   2004年06月19日 01:49
Lizさん、コメントありがとう。

まだ、自分で見る限りは治ってないです。ほかの人が表示したときに透明になっていなければ、それでいいんですけど、少なくとも昨日は昼間、ほかの環境からアクセスしてみても透明になっていました。

Lizさんもライブドアにブログ持っておられるんですね^^
5. Posted by miccckey   2004年06月19日 15:17
別のPCでもう一度確認してみたところ、6月アーカイブもちゃんと表示されました。たぶん普段使っているPCのインターネットアクセス用キャッシュに何らかの原因がありそう。後で調べてみようと。

お騒がせしました>Lizさん

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔