2004年12月27日

2012年、未知なる力が滅亡寸前の人類を救う? − チベットの遠隔透視僧の予言


チベット世紀末はとっくに過ぎて、無事21世紀を迎えることができたけれど、テロ、イラク・中東情勢、異常気象、そして日本だけでなく世界中で相次ぐ大地震。やっぱり、この世は終わりを迎えようとしている?

この手の話は食傷するほど巷に溢れていて、怪しげなカルトが絡んでいたりもしがちなのだが、チベットの坊さんたちは、2012年に未曾有の大異変があると予言しているらしい。

次のような記事が12月26日付けで、インドのIndia Daily紙のサイトに掲載されている。ここでは、この記事の内容を紹介しようと思う。


インドから中国領チベットを訪れた旅行者は、遠隔透視能力を持つという坊さんたちから、世界は自滅に向かいつつあると聞かされた。だが、世界は自滅を免れるのだという。

今後、2012年にかけて、世界各地で宗教戦争、すなわちテロ攻撃と侵略戦争の応酬が続く。2010年前後には、世界の政治情勢に決定的な何かが起こり、大国間の衝突が激化する。

2010年から2012年の間に世界は2つに分かれ、最後の審判の日に向かって突き進む。政治的解決も多少は図られるが、ほとんど和平への進展は見られない。

そして2012年、世界は最終核戦争に突入する。だが、そのとき世界を破滅から救う未知の力が現れるのだと坊さんたちは言う。

坊さんたちの予言をSF的に解釈するなら、地球外の知的生命体が一部始終を見守っていて、2012年に地球人たちを自滅から救うということになる。もしそんなことがあったら、当然、次のような評価になる。

不幸中の幸い度10■■■■■■■■■■


いや別に茶化すつもりはないのだ。筆者はこういう話を盲信することもないが、頭ごなしに否定することもない。完全に的中しなくても、どこかしら真実を突いているのではないかと見る。

ここで、興味深い現象がある。近頃、インドや中国ではUFOの目撃情報が急増している。中国政府とインド政府が既に異星人と接触していると信じている人も少なくない。

奇しくも、India Daily紙では同じく12月26日に次のようなニュースを伝えている。



イラン当局は、UFOは米国の仕業と考えているらしい。しかしながら、米国は偵察衛星からイラン核施設の鮮明な映像を入手できるので、わざわざUFOを飛ばす必要もない。

さて、インドからの旅行者たちは、これらのUFOのことも坊さんたちに尋ねてみた。すると彼らは微笑んで、神聖なる力はいつも見守ってくれているのですと答えたという。人類は自分たちの未来をそんなに大きく変える能力を持っていないし、そういうことを許されもしないのだと。

坊さんたちによると、2012年以降の現代文明は、科学技術の最後の砦が即物的な物理学や化学ではなく精神の領域にあることを理解するという。テクノロジーの方向付けが大きく変わる。人類は精神性の真髄、肉体と魂の関係、輪廻転生、人間個々人が実は互いにつながっているという事実を学んでいくのだと。

地球外の知的生命体が2012年に人類の前に実際に姿を現すかという問いに対し、坊さんたちは、「地球人が恐れをなさないような方法で、彼らは自分たちの存在を知らしめることになります」と答えている。必要時にしか姿を見せない。科学技術が進歩するにつれて、何らかの方法で彼らの姿を見ることができ、彼らと言葉を交わすことが可能になるという。

遠隔透視僧たちによれば、2012年が初めてのことではない。これまでも人類が気づいていなかっただけで、実際には何度も“彼ら”に助けられているのだそうだ。

まあ、ありがちな話かもしれない。これまでにSF小説や映画で幾度となく展開されてきたパターンのような気もする。だが、中国領チベットの坊さんたちには、世界情勢に関する情報の入力がきわめて少ない。にもかかわらず、いろんな“分析”が出来ている。これは確かに“遠隔透視”なのかもしれない。その予言の信憑性はさておいて。

人類の破滅よりも先に、俺の破滅を救ってくれよ・・・という声もどこからか聞こえてきそうだ。




自己啓発トレーニングプログラム
速読や話し方であなたの潜在脳力を開発する為のプログラムキット。 成功・速読・記憶・話し方・自己暗示・速く聴くによる自己革命を学習。


この記事の先頭に戻る
Google
WWW を検索 評点

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 気になるニュース  [ 日々挑戦、これ青春。(staykids) ]   2004年12月27日 19:50
今日見つけた気になるニュースとか
2. 【フォトンベルト】自分の頭で考えよう  [ 偽ちゃんねる@下を向いて歩こう ]   2004年12月28日 00:08
なんでも評点:2012年、未知なる力が滅亡寸前の人類を救う? 〓 チベットの遠隔透視僧の予言記事引用この手の話は食傷するほど巷に溢れていて、怪しげなカルトが絡んでいたりもしがちなのだが、チベットの坊さんたちは、2012年に未曾有の大異変があると予言しているらしい。
3. 破滅の奇妙な一致  [ せつなぶろぐ ]   2004年12月28日 08:20
まずはここを見てもらいたい。2012年、未知なる力が滅亡寸前の人類を救う? − チベットの遠隔透視僧の予言...
4. 聖書は現代の世界情勢を言い当ててる?  [ Loved Child ]   2005年01月22日 14:42
『聖書がわかれば世界が読める』(石井希尚著) は、聖書の中に、現代社会で起きている現象がはっきりと書かれている とし、その現象を一つ一つを検証しながら、現代は聖書に 何度も描かれている「世界の終わりの時」に限りなく近い としています。
5. チベット僧の予言 2012年、未知なる力が人類滅亡を救う?  [ Creator's Blog ]   2005年06月12日 21:50
まず下記のブログをご覧下さい。 http://blog.livedoor.jp/miccckey/tb.cgi/11395632 このブログでは2004年12月26日付けインドのIndia Daily紙のソースとして以下の世界予言を記載しています。 チベットの遠隔透視能力を持つ僧侶が「2012年に未曾有の大異変がある」と予言
6. 徹底サーチ/2012年/「2012年」:最新情報  [ 徹底サーチ ]   2008年11月19日 13:21
「徹底サーチ」では、あなたが入力したキーワード「2012年」に関する最新情報をインターネットから徹底検索しています。 「2012年」:最新情報 「2012年」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 楽天ダウンロード bidders TSUTAYA ストアミッ...

この記事へのコメント

1. Posted by ムシムシ   2004年12月27日 16:39
2012年って数字が面白いです。
2012年に、フォトンベルトという未知のエネルギーが太陽系に影響するって言っている人もいるし、小惑星が衝突するとか、最近のいわゆる「オカルト」的な予言って何故か2012年です。

私は「オカルト」には肯定的な人間(っていうか、私自身「オカルト」的な体験は多くしているので、どうしても「肯定的」になります。)なので、2012年を楽しみにしています。

2. Posted by ダイアモンド   2004年12月27日 16:59
そういえばマヤ歴「第五の太陽の時代」の終焉も2012年の冬至ですね。
ていうかオカルト系の元ネタはこれらしいですが。
チベットの坊さんもこれから?いやいやそれは宗教的にまずいでしょうね。ということは…。
3. Posted by miccckey   2004年12月27日 16:59
>ムシムシさん

さっそくコメント、ありがとうございます。

ほー。奇妙な符号があるんですね。じゃあ、私も2012年を心待ちにしていようかな・・・って。

でも、本当に上のようなことが起こるとすると、実は人類が滅亡を回避する前に死ぬ人がたくさんいるんですよねえ。 やった、滅亡しなくてラッキーと思っていても、そのときにはもう死んでいるかも?



4. Posted by miccckey   2004年12月27日 17:01
>ダイアモンドさん

》マヤ歴「第五の太陽の時代」の終焉も2012年の冬至

そうなんですか。これがオカルト系の元ネタっぽいんですね。

India Dailyの記事も、かなりそれに影響されて話を改ざんしていたりする可能性もあるかもしれないですね。
5. Posted by ムシムシ   2004年12月27日 17:43
私が体験した「オカルト経験」です。会社の同僚と8年前の「お告げ」と似てないかって話になったので、とりあえず、アップしてみました。
6. Posted by boss   2005年08月01日 10:57
つヒント:2012年12月23日 マヤ文明 
7. Posted by ホナフン   2005年08月31日 02:11
2012年といえば、ドリカムの歌で昔あった「金環食」の年なんですけど、これも関係ある?
8. Posted by リリス   2005年09月12日 00:15
2012年12月22日に時が止まるというタイムウェーブゼロ論もあるね。
9. Posted by くね   2005年10月02日 14:24
日月神事も2012〜2013だしね。
2012年には金環食もあるし

「偶然の一致にこそ真の意味がある」ってか?
10. Posted by ぱる   2005年10月11日 00:04
気になる事が、

>1987年から2012年までにフォトンベルトに
>完全に突入して次元上昇(アセンション)
>するそうだ。

これと関係あるのかな?
11. Posted by curry   2005年10月24日 11:29
今年もあと2ヶ月余り。
来年になると、その時点で「再来年は2008の北京オリンピック」となる。
その2008年が来たら、2012年なんてたった4年後だ。

だから2012年って感覚的に、遠い未来って訳じゃない。
12. Posted by curry   2005年10月24日 11:31
今年もあと2ヶ月余り。
来年になると、その時点で「再来年は2008の北京オリンピック」となる。
その2008年が来たら、2012年なんてたった4年後だ。

だから2012年って感覚的に、遠い未来って訳じゃない。
13. Posted by 岡固 武史   2006年07月26日 22:34
最近見た本が見つからないが 太陽と月との子である地球が太陽系から産まれでるのが2012年で北斗七星の神々がどうのこうのという本を書いたスサノウノミコトじゃなくて佐野誠かな?人類も形を変えて3000人が残って生まれ変わる
14. Posted by 古国知渡   2006年09月25日 21:54
1 もし2008年に関東大震災若しくは2010年までに富士山噴火したら、自分は関東在住だから地方移ってるか、仮設住宅なんだろな〜(T_T)  っても日本なかったらそれもなしか〜 2012年まで生きられるかな? 国の財政持ってればなんとかなるかもだけど・・・ 皆、死に物狂いでがんばってるだろな
15. Posted by はるまき   2006年09月30日 20:03
3 12年ごとに行われるインドのヒンドゥー教の大祭が次に開かれるのが2012年。
最近ブームの経済予測本がしきりに警鐘をならす大恐慌と資本主義崩壊の時代が2010年前後。

オカルト信奉者でなくても、これだけいろんなことが重なれば「何か起こる」と思う方が普通でしょ。
16. Posted by まぁや   2006年11月02日 03:48
実に楽しみでごわす。
輪廻、そして人類がすべて繋がっているというユング的な思想。
江原さんと美輪さんに聞いてみたいですね。
17. Posted by ・   2006年12月08日 15:11
江原ww
信じてる香具師いるのかよw
18. Posted by うーん   2006年12月21日 01:34
このチベットの高位僧の主張は1999年に出版された
「シリウス革命」という本となんら変わらず同じ事を言ってますね。
精神の世界のほうに真がある事に人類は気づく。
革命がおきるといった年代まで一緒です。
この手の話が好きな人は一読をオススメします。
19. Posted by R-GoA   2007年02月05日 18:12
Googleで2012年で検索して上位でここを見つけました。
興味のある方は2013年でも検索してみて下さい。
上位に、
こういう情報の本を沢山読んでいる方の頁があって、
いろいろ書かれています。
個人的には、
興味あるってのと、ついて行けないってのが半々です。
20. Posted by たけち   2007年02月21日 00:48
まあ、このての予言は外れます。
21. Posted by 通りすがり   2007年10月19日 10:33
「地球外生命体」って単語で一気に胡散臭くなるなw
チベット僧は単に『世界を破滅から救う未知の力』としか言ってないんだから、それがなんなのか、ってのはどう解釈しても良いわけでしょ?

個人的には、ヴィシュヌ第十の化身『カルキ』であって欲しいなあ。今の世の中はカリ=ユガを地でいってるし、なにより仏教がらみって事もあるしねw
22. Posted by 0ベル0   2007年11月23日 13:03
はじめまして。楽しく読ませていただきました。過去に、死んだペットの霊を霊視すると、いつもゆっくり動いてたので、神に聞いたら、きれいに見せるためにあえてすべての霊能者にも同じように見せていたとの事。だから、多分、チベットの人たちも、神に真実ではない何かを見せられてるのだと思います。
神にきいてみると、神の計画を人類が妨害しないようにということと、神の修行のために、本当に大切な真実は、まだまだ教えないそうです。
ですから、予言をすれば、神は、あえて予言を外すといってました。
23. Posted by 名無し   2007年12月01日 12:11
4 2013年にネメシスとかなんとか…
24. Posted by 増美   2008年05月22日 18:50
宇宙人には良い宇宙人と悪い宇宙人とあって、悪い宇宙人が現在の地球を支配している。
宇宙で戦えばよい宇宙人が勝つが、悪い宇宙人は地球人を人質にしているため、地球人はなかなか幸福にはなれない。
25. Posted by     2008年12月19日 15:17
地球が静止する日ですね。わかります
26. Posted by field   2009年01月08日 17:38
3 こういう話は多数絡まりあった妄想の体系がずっと昔から存在していて、人々の暇つぶしの好奇心を満足させて来たよね。
探究心がこういうモノに鹹め取られると際限が無くなり、まあ奈落行きですなあ。
27. Posted by    2009年03月06日 22:17
年代以外の点で、「幼年期の終わり」との重なりが多すぎる件
28. Posted by バルトス   2009年04月22日 21:03
こんばんわ、初めまして。
バルトスと申します。
スパロボネタで済まないが、これってαシリーズのエアロゲイター(ゼ・バルマリィ帝国)か、OGシリーズのメテオ3(EOT)とかこんなのですか?
ウーン…、どうだろう?
29. Posted by 進   2009年05月30日 21:37
2012年の危機は次のことが考えられます。
‖斥曠侫譽△梁臟発。
地球の軸の移動。
C狼紊瞭酲牟砲糧薪勝
っ狼綣Уい両談尿宇宙線の直接照射。
コ棒鐐
Γ硲腺腺劭个砲茲訝狼綰鵬。
善い宇宙人が救ってくれることを期待しますが、地球人も精一杯のことをしなければなりません。
30. Posted by     2009年11月02日 05:28
世界的に食料不足と言われる中で、乞食のごとく先進国からの食料を奪い続け、さらには海賊行為で世界中に迷惑をかけ続けるアフリカの働かない大人たちを中国の新型爆弾でアフリカを平和にする・・・かな?
31. Posted by 旅行者   2009年11月11日 09:05
興味深い話ですね。何かが起こるのでしょうか。

ただしインドとチベットの間に通過可能な国境は存在しませんから、99%ガセなのは明白ですが。
32. Posted by 侍   2009年11月22日 21:55
3
チベットの坊さんも予言しているってのは、初耳です。
マヤ、日月神事、宗教終末予言などは、かじっている程度に知っています。
私の予想は、戦争でなく大災害ですね。

これだけ、人間は地球の自然を破壊したのだから、そのしっぺ返しで猛威にさらされるかも。
その時は携帯も、金も使えない事態になって皆、恐怖して、いると思います。

都会は特に危険でしょう。
最近、宇宙人の事調べますが、数百年前から、宇宙人が地球人と接しているみたいです。
日本は、欧米化から脱して、過去の共存主義に、社会がなって、いかないときついでしょう。
じぶんも宇宙人を恐れず、精一杯いきます・・
33. Posted by 零   2010年05月19日 14:50
SFみたいなことしてたら、自殺するような物ですよ。
物事の本質を見抜く力がある方なら、あえて予言を口にしない方も居る事も事実です。
ジュセリーノみたいな事をして、混乱を招くだけです。
2012年が来る日のことを待っています。
その日になれば分かる事です。
34. Posted by ひょいと   2010年12月18日 16:11
もう2011年がきますね
早いです
来年何があるのかわからないけど、みんながよい方向に進んでくれるなら嬉しい。
とにかく自分の出来ることをするまでです
35. Posted by hb   2011年05月03日 23:15
この記事をよんでぞっとした。
先日ビンラディンがアメリカに殺害された。
これからどうなるか。

2004年の記事としってぞっとした。
36. Posted by 神(日本)の子の一人   2011年07月15日 23:00
5 よれは当たっている何故ならば、一人悪魔が混じっているからだ!魔教が存在しているこれからマイトレーヤー、弥勒菩薩を名乗る者がテレビ中継で全世界の人間が奇跡を目撃する事になるが、そいつは堕天使ルシファーだ!月にいる創造主サタンの命で全ての人間を地獄に送ろうとしている!欲深き者は欲が減らないならばいずれ起きる都市攻撃これは最終戦争の最中に行われる事だ!今までUFOが現われ攻撃して来ないのはこの日が楽しみだからだ人間は月人からすれば玩具だ!用済みのオモチャだ!だから奴等は人間狩りにやって来る欲深き者は死んだ後霊体になるが、そいつらは創造主の餌になる!そして部下になる!堕天使サタンの部下としてな!今まで文明が滅んだ本当の理由は都市攻撃とノアの大洪水が行われたからだ!また、人間は支配者の狙い通りに能無し人形と化した!今の人間を人間と呼べるか?はっきり言って愚かな人形だ!廃棄処分が確定している人形だ!早くこれに気付かない者は最終警告の意味を持つ未曾有の大災害を経験する!これにより理性を保てないならその者達はその後の都市攻撃を乗り切っても、ノアの大洪水により、死ぬ!
37. Posted by anonymouse   2011年08月27日 02:07
>>36
釣り針がでかすぎるぞ
38. Posted by sR   2012年02月04日 15:15
『幼年期の終わり』を思い出した。
とうとう2012年になったね。さて…。
39. Posted by 南無阿弥陀仏・アーメン   2012年07月06日 20:26

ちゃんと、お利巧にしてるねんから
たすけてね!!!!
40. Posted by f   2012年08月15日 12:44
日本人は救われるらしい

日本語     ヘブライ語           ヘブライ語の意味

君が代は    クムガヨワ           立ち上がる
千代に     テヨニ             シオンの民
八千代に    ヤ・チヨニ            神・選民
細石の     サッ・サリード       喜べ・人類を救う、残りの民として
巌となりて   イワ・オト・ナリァタ      神・予言・成就する
苔の生すまで  コ(ル)カノ・ムーシュマッテ 全ての場所・語られる・鳴り響く  

したがって歌らしくすれば

   立ち上がれ、神を讃えよ!
   神の選民 シオンの民!
   選民として 喜べ!
   人類に救いが訪れ!  
   神の予言が成就する!
   全地あまねく 宣べ伝えよ!
41. Posted by estatuto do idoso resumo   2012年09月17日 10:35
予言しているらしい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔