2012年09月04日

Facebookで「ハートウォーミング・ストーリーズ」始めました

Facebook内に「ハートウォーミング・ストーリーズ」(http://www.facebook.com/nandemohyoten)というページを試験的に立ち上げてみた。「なんでも評点」の膨大なアーカイブからハートウォーミングな話だけを厳選して取り上げていくという主旨。Facebookに参加していない人でも、普通のWebページと同様にアクセスできるので、よろしく。


2012年07月07日

車に跳ねられた美少女ランナーが何事もなかったかのように再び走り始める

車に跳ねられても走り続けた少女がいる。何が彼女をそこまで駆り立てたのかはわからない。だが、車に跳ねられて地面に叩き付けられても何事もなかったかのように、引き締まった2本の下肢で再び立ち上がり目指す方角へ向けて走り始めたのだ。
続きを読む

2012年07月01日

興奮して暴れていた人が拘束直後に変死する怪現象は100年も前からあったが、今その謎が解き明かされようとしている

錯乱状態で暴れていた人が警察に取り押さえられた直後に死亡したというニュースがときどき伝えられている。警官による暴行が死因ではないかという疑惑を呼ぶこともある。日本だけではなく欧米でも、錯乱状態にあった人が(多くの場合は警察による拘束後に)突然死する事例がしばしば報告されている。
続きを読む

2012年06月24日

披露宴会場でウエイトレスと性行為に及んだ花婿

Austrian Timesが6月13日付けで、花婿が披露宴会場のウエイトレスと事に及んでいるのを見つかる、というとんでもない話を伝えていたのだが、珍しく日本語Webでは取り上げられていないようなので紹介しておこう。
続きを読む

2012年06月09日

心電図を取り付けてから銃殺される実験に志願した男

1938年10月30日、米国ユタ州ソルトレークシティ近郊で、キジ肉料理を食している男がいた。一度も食べたことのなかったキジ肉を最後の晩餐の食材として選んだのだ。明日、彼はある実験の被験者となる。心電図を取るだけの実験なのだが、状況が状況だけに前例のない実験となる。続きを読む

2011年12月17日

【再掲】クリスマス休業で店員のいないスーパーマーケットの鍵が閉まっておらず、大勢の来客、全員が正しい代金をレジに置いて去る

米国カリフォルニア州にあるローズビルという町には善人しか住んでいないのだろうか。唐突にこの町の名前を出したのは、クリスマスに実に不思議なことが起きたからである。

続きを読む

miccckey at 01:35|Permalink はてなブックマーク - 【再掲】クリスマス休業で店員のいないスーパーマーケットの鍵が閉まっておらず、大勢の来客、全員が正しい代金をレジに置いて去る
Comments(132)TrackBack(0)
clip!

2011年12月05日

自分たちを救うために現れた2人の牧師を売春宿の女性たちがレイプ?

ナイジェリア南部デルタ州の都市アサバには、ケーブルポイントという悪名高い地区がある。無数の売春宿とカジノが建ち並び、地元のやくざが仕切っている。信心という言葉からかけ離れたその街に、ある日2人の牧師がやって来た。聖職者である彼らの目的が買春や賭博であるはずがない。続きを読む

2011年12月02日

強盗に胸を撃たれた女主人が最後の力を振り絞って強盗を刺殺、その後息絶える

南アフリカ共和国には、個人経営のコンビニ(日本に昔よくあった「よろずや」に相当)が多く存在し、スパザショップ(spaza shop)と呼ばれている。ヨハネスブルグに次ぐ南ア第2の都市ダーバンのスパザショップで、11月30日の夜、経営者の32歳の女性と賊との間で壮絶な相討ちがあった。続きを読む

2011年10月25日

カダフィ拘束直後のノーカット映像

カダフィ拘束時の(おそらくノーカットの)映像がYoutubeで公開されているのを見つけたので、こちらに貼っておく。きわめて残酷な映像なので、興味のある方以外は「続きを読む」をクリックしないことをお勧めする。

続きを読む

2011年10月14日

「放射能が体に良い」には確かに根拠があるが、1日3万ベクレルの放射能ドリンクが健康に良いとされていた時代と同レベルの根拠

福島原発事故以来、「微量の放射能なら健康に良い」と発言する識者がいる。それを聞いてほっと胸をなで下ろした人もいれば、この期に及んで究極の開き直りかよと吐き捨てる人もいることだろう。後者には私も含まれるのだが、「放射能は健康に良い」というのは決して根拠のない話ではなく、ある考え方に基づいている。続きを読む

2011年10月07日

陵辱後に埋葬された10歳少女が自力で這い出し、誰がやったかを伝える

フィリピン・ミンダナオ島のマグペットで10月2日、10歳の少女が墓穴の中で目を覚まし、自力で這い出した。少女は正規に死亡が確認されて埋葬されたのではなく、いとこのデニス・クィラトン(21歳)に性的暴行を働かれた後、生き埋めにされたのである。
続きを読む

2011年09月16日

オーストラリアで異変、都会に住み着いた野鳥の群れが一斉に人間の言葉を話し始める

オーストラリア西部は、ここ10年ほど干ばつが続いている。そのため、モモイロインコキバタンアカビタイムジオウムといったインコ・オウム類がシドニーなどの都会に移り棲むようになってきた。そんな野生のインコ・オウム類の群れに驚くべき異変が起きているという。
続きを読む