2014年02月24日

両手のない子猫が元気に育つ - 感動を呼ぶ成長記録

今、Facebook上で"Raising Mercury"と題するコミュニティ・ページが人気を集め、閲覧者に感動を与えている。2月24日現在で「いいね!」数は2万2千件を優に超えている。Mercury(マーキュリー)とは、両手のない子猫の名前である。続きを読む


2014年02月23日

4歳のときにサーカス団に売り飛ばされて以来独りぼっちだったアフリカ象のミラが37年ぶりに同じ姿の仲間と対面【感動映像】

われわれ人間の場合、37年間も自分以外に誰一人いない場所で暮らし続けるなど、現実にまずありえない。たとえ37年間独房に入れられていても扉の向こうには看守がいる。あるいは、37年間自室に引きこもりの人がいたとしても、PCを通じて他人の姿をいやというほど見るはず。宇宙人に拉致されて、たった1体の生きた標本として飼育されるのならいざ知らず。続きを読む

2014年02月20日

12の人格を持ち、それぞれが異なるスタイルの絵を描く女流画家

英国にキム・ノーブルさんという47歳の女性がいる。彼女は14歳のころから20年間にわたり、入退院を繰り返した。精神に不調をきたしたせいだった。しかし、診断は鬱病、拒食症、統合失調症など医師によって異なっていて、根本的な問題がわからないままだった。
続きを読む

2014年02月18日

訪問者全体の65%がスマホからのアクセスだった ― 試験的再開に至った経緯とその後の所見

ブログを試験的に再開して10日ほどになるので、試験的再開に至るまでの経緯と再開後の所感を述べてみたい。実際のところ、2012年07月07日に最後の記事らしい記事を書いて以来、「なんでも評点」を顧みることはほとんどなかった。ネットの世界に大きな変化が起きていることに気付いてもいなかった。
続きを読む

2014年02月17日

目が3つある人間の赤ちゃんが誕生(閲覧注意画像&映像あり)

シヴァ神当ブログでは、今から8年前の2006年にインドで単眼症(一つ目)の赤ちゃんが生まれた話を取り上げた。その赤ちゃんは自発呼吸をし、元気に泣き声を上げていた。医師たちも「成長できる見込み」があると話していた。その様子を映したビデオクリップもソース記事に収録されていた(まだリンク切れになっていないので、本項末尾から再びリンクしておく)。
続きを読む

2014年02月16日

豚の成獣ほどの大きさの巨大幼虫がナポリ近郊で生きたまま捕獲される

巨大幼虫イタリアの新聞Giornalettismoが2014年1月22日に伝えたところによると、ナポリ近郊で大人の豚ほどの大きさの巨大幼虫が発見された。現場に急行した消防士たちがその不気味な生物におそるおそる接近すると、馬のいななきのような鋭い叫び声を上げた。その恐るべき姿を映し出した写真も同紙の記事に掲載されている。続きを読む

中国人女性より日本人女性の方がはるかに美しいのはなぜでしょうか?【Yahoo Answersより】

Yahoo Answers(「知恵袋」の英語版)に次のような質問が寄せられた。

Q. 中国人女性より日本人女性の方がはるかに美しいのはなぜでしょうか?

Asian Beauty
この質問に対し、以下のような回答(あるいは反論)が寄せられた。
続きを読む

miccckey at 00:19|Permalink はてなブックマーク - 中国人女性より日本人女性の方がはるかに美しいのはなぜでしょうか?【Yahoo Answersより】
Comments(18)TrackBack(0)
clip!

2014年02月15日

今まさに引き金を引こうとしている人差し指を一刀両断にし、剣で銃に勝った男【再】

騎兵隊のサーベル銃に剣で対抗する。剣先を相手に向けているが、相手はこちらに銃口を向けている。勝ち目がほとんどなさそうな厳しい状況である。相手を一振りか一刺しで倒さない限り、銃弾を食らうことになる。しかし、相手を倒すことより、銃を使えなくすることを第一に考えるとどうだろう? 引き金を引くのは、人差し指である。相手を無力化することを第一に考えた場合、心臓や首などではなく、人差し指が急所となる。それを実践して剣で銃に勝った男が米国テネシー州にいる。
続きを読む

miccckey at 17:34|Permalink はてなブックマーク - 今まさに引き金を引こうとしている人差し指を一刀両断にし、剣で銃に勝った男【再】
Comments(16)TrackBack(0)
clip!

2014年02月14日

X-Menのウルヴァリンに似た新種の動物が誕生(映像あり)

米国テネシー州で2010年7月に奇妙な生き物が生まれた。といっても野生動物ではなく、キャットブリーダー宅で生まれた子猫である。目、鼻、耳、口の周りに毛がない。
続きを読む

2014年02月12日

足を閉じて腹筋運動をしている女性が突如として絶頂感に達する“コアガズム”とは【再】

leg raiseスポーツやフィットネスで体を動かしている最中の人の脳裏に性的な想念が沸き起こってくることはまずありえない。そりゃ、男性の場合はジムで運動しているときでも、スタイルのよい女性がボディラインくっきりのウェアでエクササイズしていようものなら目を奪われる。しかし、あくまで目の保養の域を超えないはずであり、体の一部が思わず反応してしまうことはないだろう。
続きを読む

2014年02月11日

【再】女にのみ男を選ぶことができ、男は女からの求婚を絶対に拒否できないという愛の掟がある島

欧米ではバレンタインデーに男女どちらが贈り物をしてもよいのに対し、日本では「バレンタインデーとは、女性から男性に愛の告白をしてもよい日」であるとローカルに定義づけられている。本命の男性に“本気チョコ”を贈った女性が必ずしも報われるとは限らない。もし“本気チョコ”を贈られた男性が女性の愛を拒んではいけないシステムだったら、とんでもないことになりそうだ。しかし、世界は広い。女性から愛の告白を受けた男性が、それを絶対に拒んではならない島がある。続きを読む

2014年02月09日

【再】頭の中がほとんど空洞化、脳がわずかしか存在しないのに44歳まで普通に暮らしてきた男性

誰しも自分の頭の中が空っぽになったと感じるときがある。あるいは、誰かの頭の中が空っぽだとしか思えないこともある。でも、たいていの場合、われわれの頭蓋骨の中には脳がぎっしり詰まっている。そもそも、自分の頭が空っぽだと感じるのも、頭の中が空っぽだとしか思えない行動を取る人がいるのも、脳が働いているおかげである。ところが、頭の中がほとんど空っぽなのに普通に社会生活を営めている男性がフランスで発見されたという。

続きを読む