2004年06月13日

トラックバックって、そもそも何なの?《Q&A》

Q&Aカテゴリを新しく追加しました。この記事は、Q&A第一弾です。

インターネット歴はそこそこ長くても「ウェブログ」という形態のWebサイトがあることを最近知ったという人も少なくないみたいですね。このブログの読者にも、そういう人が多いような気がします。というのも、その関係で筆者の元にメールが何通か寄せられているからです。「トラックバックの概念を現実世界に適用してみると、どうなるか」という記事を2本書きましたが、そもそも「トラックバック」ってなんだかわからないので、話が半分もわからないというメールもいただいております。

トラックバックについて説明しているオンラインガイドやブログはたくさんあるのではないかと思うのですが、筆者流に簡単に説明すると次のようになります。

トラックバック
他人のブログに自分のブログへのリンクを強制的に貼ること。
普通のWebページの場合は、ほかのサイトへのリンクを貼るときには、ページの作成者が自分の意思で貼りますよね。ある日、久しぶりに自分のHPにアクセスしてみると、見知らぬエッチサイトへのリンクが勝手に貼られていた・・・なんてことも、たまにあるみたいですが、あなたが酔っ払ってサイトを更新した記憶がブラックアウトしてしまったのでもない限り、それはおそらく不正行為を働いたハッカーの仕業です。しかし、ブログの世界では、不正行為を働かなくても、他人のブログに勝手に自分のブログへのリンクを貼ることができるのです。

先週も、自分で長年HPを運営しているという人と話していたときに、このトラックバックの仕組みのことを話すと、そんなことされたくないと仰せでした。何で自分のサイトに、見知らぬサイトへのリンクが勝手に貼られなければならないのかと。

在来型のWebページの世界では (実はウェブログも目新しいものではなく、サーバー側の負荷が大きいため、サーバーのパフォーマンスが低い時代には普及しなかっただけのことなのですが、とりあえずウェブログでないサイトを「在来型」と呼ぶことにします)、誰かのサイトにリンクさせてもらうときでさえ、相手側がリンクフリーと宣言していない限り、一言断りを入れるのが礼儀となっています。勝手にリンクされることでさえ嫌なのですから、他人のサイトへのリンクを自分のサイトに断りもなく貼らるれなんてけしからんというわけです。

だけど、ウェブログの世界では、これは許されることなのです。万一、トラックバックを受け付けたくないのなら、トラックバック受け付け機能を無効にすることもできます。

まあしかし、現実世界での感覚により近いのは、在来型Webサイトとウェブログのどちらの方でしょう? 筆者は、やはり在来型Webサイトの考え方の方が現実世界により近いと思います。知らない人の家にかかってきた電話が勝手に自分の家に転送されてきたら、誰だってぞっとするでしょう? これは、他人が自分のサイトに勝手にリンクした場合のたとえです。

逆に、自分の家の電話が勝手に誰かの家に転送されてしまうとしたら、それがトラックバックみたいなのもです。もちろん、これは極端なたとえ話ですけどね。

で、今までに2本書いた「トラックバック法」のお話では、ラーメン屋に行列している客がほかのラーメン屋に転送されてしまうわけです。ただ、ラーメン屋のたとえ話は、これまた「便宜上」トラックバックの基本的性質をあえて無視して書いています。トラックバックは、あるブログを訪れて、その内容を読んだ人が関連情報を読むために別のブログにジャンプできるようにするための仕組みでもあるからです。ラーメン屋にたとえるなら、並んでいる客ではなく、食べ終わった客をラーメンハシゴに誘い出さなければなりません。だけど、それだと無理があるから、行列客を誘い出すという設定にしただけのことです。

「トラックバックの概念を現実世界に適用してみると、どうなるか」シリーズの記事は、ほかにも書こうと思っています。たとえば、葬儀屋が病院にトラックバックするとかいう話を。

当ブログの全記事一覧を見る



miccckey at 23:04|Permalink はてなブックマーク - トラックバックって、そもそも何なの?《Q&A》
Comments(4)TrackBack(0)
clip!Q&A 

まさかの初代週刊ブログ王

最初、『週刊ブログ王』のランキングに登録したときは、当サイトが1位になることなんて想像もしておらず(「ありえる度」を評価するにさえ至らず)、本人が一番びっくりしているのですが (そんなことないって? あなたもびっくり?)、本日6月13日にこのブログが初代週刊ブログ王に選出されました。参加ブログ数は、6月13日午後7時現在でまだ144サイトと小規模な中での選出ではありますが、ご支持をいただきました皆さんに心からお礼申し上げたく思います。

さて、『週刊ブログ王』では、歴代チャンピオンへのリンクが別ページに掲載されます。下のバナーをクリックしていただくと、このブログへのリンクが現時点ではただ1つだけ示されています。そのリンクをクリックしても投票されるようになっているようです。

ともあれ、今回、このブログを読んだ後で投票してくださった方が多数に上ることを最も励みに思っております。これを励みに今後も独自の「評点ワールド」を展開していきたく思う所存であります。



当ブログの全記事一覧を見る



念力ラーメンが大人気に..《ありえる度 5》

ラーメン屋にトラックバック」の記事に書いたように、トラックバック法が施行されて以来、全国各地の行列が出来るラーメン屋の前にトラックバック移送業者のマイクロバスが頻繁にやって来ては、待ちくたびれた客を別のラーメン屋に搬送していくのがごく普通の光景となっている。

完全歩合制で重労働をしているトラックバックドライバーのNさんが担当するエリアでは、行列店からのトラックバック率は、だいたい50パーセントくらいだ。行列客の半数は根強いファンであり、誘いに乗らずに待ち続けるからだ。ところがトラックバック率が異常に高いラーメン店を1軒発見してしまったのだ。

しかも、そのラーメン店、2ヶ月前の開店以来、いまだに売り上げはゼロなのだ。なのに店の前には行列が出来ている。通常のラーメン屋とは異なり、客の回転が異常に速い。

その店の表には、

「念力軒」は、念力によるラーメン作りの実験のために開店いたしました。午前11時半から午後9時まで、当店の物置に店主がひとり潜んでラーメンをお客様にお出しできるまで念力をかけ続けていきます。現在修行中の身ですので、しばらくの間はラーメンらしきものをお出しできないかもしれませんが、よろしくお願いします。もちろんラーメンをお出しできない限り、一切の料金をいただきません。見事ラーメン作りに成功した場合は、お客様ご自身で値段を付けて、カウンターの上の箱に入れてください。
と書かれている。いつの間にか口コミでこの店のことが広まり、多い日には数千人の客 (見物客?)が入れ替わり立ち代り出入りする。賞賛すべきは、客たちのマナーの良さだ。店側の人間は誰一人として姿を現さないにもかかわらず、店のものを勝手に持ち出したりするような者はいないし、灰皿が置かれていない店内でタバコを吸う者もいない。それどころか、少し散らかっていたりすると客が自主的に片付ける。

だいたい一人平均、5分ほどカウンターに座り、「もう少し気長に見守ってあげないといけないね」などと暖かい反応。みんなニコニコしながら店から出てくる。

Nさんは、そんな彼らを普通のラーメン店にトラックバック移送していくのだ。トラックバック率は当初から80パーセントを超えていたが、今では「念力ラーメンをチェックした後、ラーメンを食べに行く」のが一種のファッションと化しており、トラックバック率はほぼ100パーセントに達している。

さてさて、本件の「ありえる度」も、「ラーメン屋にトラックバック」と同じく最低点の1とするのが妥当のようにも見えますが、企業、飲食店、個人商店など、経済活動にかかわるあらゆる事業体がほかの事業体にトラックバックすることを合法化および奨励するトラックバック法なるものが仮に施行されたと仮定すれば、念力ラーメンが人気を呼ぶことの「ありえる度」はけっこう高いのではないかと思われます。よって、その仮定のもとでという限定付きで、ありえる度5と評価いたします。

なお、念力でブログを更新できたりラーメンを作れたりする「ありえる度」を評価しているのでは決してありませんので、誤解なきよう願います。

当ブログの全記事一覧を見る



2004年06月12日

関越道で逆走事故

逆走車を目撃 《はがゆさ評点 8》」の記事で取り上げた「高速道路の逆走事故」がまた起きてしまいましたね。痛ましい事故です。合掌。 こういう逆走事故には、主に以下の3つのパターンがあるようです。
  • 高速道路や高架道路の出口から間違えて進入
  • サービスエリアの進入路から本線に逆走
  • 高速道路の降り口を行き過ぎたなどの理由により意図的に逆走
1番目と2番目のケースは、不注意が原因ですが、こうも同じような事故が多い以上、道路の設計の「まぎらわしさ」も再考されるべきかもしれません。3番目のケースは、あまりにもルーズで「はた迷惑」な話。

当ブログの全記事一覧を見る



首相のまぎらわしい行動 《紛らわしさ評点 9》

Koizumi小泉さんのサミットでの行動は、まぎらわしい行動にすぎなかったのか、それともDPR-Japanさんがご指摘のように「Berlusconiさんに恋してしまった」のでしょうか?

小泉さんは、イタリアの首相Silvio Berlusconiさんとお手手つないで登場した挙句、イタリア語の恋歌を歌ったのだそうです。しかも歌詞の女性名詞をわざわざ男性名詞に変えて。

BerlusconiBerlusconiさんは小泉さんより6つ上の1936年生まれ。1994年に7ヶ月だけ首相を務めたそうですが、野党の党首として7年間を過ごした後、2001年に再び首相となったそうです。

小泉さんは、結婚歴もあるし、立派なお子さんもいらっしゃるし、純然たるゲイではないと思いますが、バイだったのでしょうか? それともゲイでもバイでもなく、自分の行動がまぎらわしいとは自覚していなかったのでしょうか?

単に「まぎらわしい行動」に過ぎなかったという前提で評価しますと、今回の小泉さんの行動は一国の首相であることを重く見て評点9に値します。

ただし、本当に小泉さんが恋に落ちたのであれば、まぎらわしさはゼロですよ。その場合、今度は「公私混同」あるいは「だらしなさ」という点から評価すべき行いということになりますね(満点に近いでしょう、おそらく)。

当ブログの全記事一覧を見る



携帯からのブログ閲覧に可能性を見る

前にも書いたんですが、このブログで使用しているLivedoor Blog Proというホスティングサービスには、アクセス解析機能があり、1日のアクセス総数と1時間ごとのアクセス件数をチェックできるようになっています。アクセスカウンターもページのトップに設置してあるのですが、組み込みのアクセス解析で報告されるpage view数と外部サービスによるpage view数には大きな開きがあるのです。たとえば、昨日の午後2時の1時間だけをとってみても、次のような違いがあります。
  • アクセスカウンター: 11 page views
  • Livedoor Blog Pro : 121 page views
10倍どころか、自乗倍の違いです。前にもコメントしたように、HTMLファイル上に設置しているカウンターでは携帯電話からのアクセスを検出できないために、このような違いが生じているとしても、さすがに自乗倍というのは解せません。携帯電話以外にも検索ロボットのcrawlが含まれているのかもしれませんが。Livedoorに尋ねても回答がないし・・・

それと、このブログを携帯から見ているよという方がおられましたら、一言でいいのでこの記事にコメントつけてみてもらえませんか? このブログに限らず、LivedoorやGoo、SeeSaaなど、携帯電話からの閲覧をサポートしているホスティングサービスのブログがいったいぜんたい携帯電話からどれくらい閲覧されているのか、ネット上のどこを見ても定かな情報がない。

携帯電話からブログを投稿することばかりが脚光を浴びていますが、携帯電話からの閲覧というのは、大きな可能性を秘めていると考えています。特にパケット通信定額制が普及し始めていますからね。

ここで可能性というのには、一攫千金の可能性だってあるんじゃないかという含みもあります(笑)。

miccckey at 14:51|Permalink はてなブックマーク - 携帯からのブログ閲覧に可能性を見る
Comments(4)TrackBack(0)
clip!番外記事 

ご愛顧賜りまして・・・

週刊ブログ王週刊ブログ王』の総合ランキングで、このブログがなんとダントツのトップ。投票してくださったみなさん、ありがとうございます。週ごとのランキングなので、明日にはリセットされてゼロからの再スタートになります。

このブログは、今年5月の初めごろに別のホスティングサービスで立ち上げた後、5月19日に現在のLivedoor blogに移転したので、ぼちぼち1ヶ月になろうとしています。ウェブログという仕組み自体は、もっと前から非公開用途に使用していたのですが、あちこちにping(更新通知)を送るブログを立ち上げたのは、このブログが初めてでした。

こうしてたくさんの人に投票していただけているというのは、とても励みになります。特に『週刊ブログ王』は、このブログからランキングページにアクセスするだけでは投票されず、ランキングページからこのブログにアクセスしたときにのみ1票とカウントされる方式になっています。アクセスログを見ていて分かったのですが、いったんランキングページに移動した後、このブログに入りなおしてくださっている人も多いようで感謝しています。

今後、このブログがどういう方向性を持っていくのか、書いている本人にもよくわかっていないところがありますが、まあひとつのライフワークみたいなつもりで、書き進めて行きたいと思います。

ブログ王決定戦そうそう、紛らわしい(失礼^^;)名前の『ブログ王 決定戦』もぜひご覧になってくださいね。このブログ以外にも、ランキング参加のブログは個性派ぞろい。お気に入りのブログが見つかるかもしれませんよ。

2004年06月11日

ラーメン屋にトラックバック 《ありえる度 1》

行列が出来る店として有名なラーメン屋『ブロ°具』の店主Bさんは、こんな法律が施行されたら、まったく商売上がったりだとぼやいている。「トラックバック法」のことである。日本経済にカツを入れるための秘策というが・・・。

企業、飲食店、個人商店など、経済活動にかかわるあらゆる事業体がほかの事業体にトラックバックすることを合法化および奨励する法律なのだ。各事業体には、トラックバックの受け入れが義務付けられた。ラーメン屋の場合は、外で行列しているお客を他店が自分の店に誘導しても文句を言ってはいけないのだ。

「バックします・バックします・バックします」と何度も繰り返しながら、トラックではないがマイクロバスが『ブロ°具』の店先にバックしてきた。トラックバック法の成立と同時に、この手のトラックバック移送業者が急増している。

店先に行列していた人の半数以上がマイクロバスに乗り込んだ。一定の基準を満たしているラーメン屋のうち、現在客席に空きのあるほかのラーメン屋を自動検索して客を運んでいくのだ。

なーんてお馬鹿なことが「ありえる度」は、さすがに1くらいかな。トラックバックを現実世界に適用したらどのようなことになるのかという一例として書いてみました。筆者的には、面白いネタがいろいろ浮かびそうなので、シリーズ化させる予定。

当ブログの全記事一覧を見る



拡張カタカナ文字? 《ありえる度 2》

トリビアネタになるかもしれないけど、日本語の「い」と「う」の母音には、それぞれ2つのバリエーションがあるって知ってましたか? 母音の無声化 (devocing of vowels) と呼ばれる現象。

たとえば、母国語を英語とする外国人が多少日本語を話せて、「気持ち悪い」と言ったとき、日本人の耳には「肝・血ぃ悪い」と聞こえがち。気持ち悪いという意味のkimochiwaruiでは、kiのiとchiのiを無声化して発音しないといけないんです。だけど、普通にローマ字表記されたものを英語系外国人が読むと、どうしてもkiとchiをはっきりと発音してしまう。(英語で書かれた日本語学習用テキストブックには、無声化記号(/)を文字にスーパーインポーズしているものもありますが)。

「母音の無声化」ってどうやればいいの?なんて聞かないでね。普通に「気持ち悪い」と発音できていれば、無意識でちゃんと母音を無声化できているんですから、それ以上理屈で考えるのはやめておきましょう。理屈で考えると分からなくなることって多いでしょ?

日本人はこういう微妙な母音変化をらくらく使いこなしているんだけど、子音の種類が多く、一音節に複数の子音が含まれがちな英語の発音は日本人には難しかったりする。よく言われるのがLとRの区別。特に、カタカナ語から覚えてしまった英単語って、LとRを混同してしまいがち。

そこで筆者は、カタカナ語はしょせんカタカナ語だけど、もっとカタカナを増やすべき・・・と提言してみようかな。たとえば、LとRは次のように区別する。

R ― ラ リ ル レ ロ

L ― ラ°リ°ル°レ°ロ°

これだと、物を書くのは「ライター」火を点けるのは「ラ°イター」と区別できるわけ。ほかにも無声音θを区別するために、「サ°〜ソ°」みたいな表記も考えられますね。

今後、このような拡張カタカナ文字が採用される「ありえる度」は、2くらいしかないかな。カタカナを拡張しても、音節の問題は解決されないし(そこまで日本語を改造する必要もないわけだけど)。

当ブログの全記事一覧を見る



2004年06月10日

100分の1の確率

昨年の死者数が100万人を突破したそうです。1947年に続いて戦後2度目のことだそうで。戦後2度目というのは、たぶん二次大戦中を除くという意味なんでしょうね。
共同通信記事より一部引用】

昨年1年間に死亡した人はインフルエンザ流行や自殺の増加が影響して約101万5000人・・・(中略)・・・自殺者は約3万2000人と過去最多だった。

自殺者は約3万2000とのことですが、自殺であっても自殺と報告されないケースもかなりありそうに思います。逆に他殺なのに自殺扱いになっているのかもしれないケース (たとえば、徳島自衛官変死事件とか) もあるんでしょうね。

年間、100人に1人は死ぬという計算になりますね。つまり単純に言えば、筆者もあなたも去年のうちに死ぬ確率は1/100だったけど、幸いなことに生き延びることができたってこと。ラッキーだったと思っておきましょう。

以上、なんのヒネリもオチもない番外記事でした。

当ブログの全記事一覧を見る



miccckey at 23:50|Permalink はてなブックマーク - 100分の1の確率
Comments(1)TrackBack(1)
clip!番外記事 

なるほど、そういうことか - Livedoor のコメント多重投稿《ずさんさ評点 8》

さっきの記事をアップした後、もう一度、馬鹿な私の日々をよく見てみると、トラックバックスパムだけじゃなかった。1つの記事に5000個もコメントが付いていたりする。

最近はあまり更新もされてないみたいだし、なんでこのブログが総合ランキング上位なのか分からなかったが、なんだそういうことか。

システムには必ず穴があって、その穴を突かれるとこういことになるという好例かもしれません。

このケース、ここまで事態がひどくなるまで放置したLivedoorさんのずさんさ評点は8と評価します。

トラックがバックするときのしつこさ 《まぎらわしさ評点 7》

cover前にも触れましたが、このブログの基本構想を思いついたのは、『新しい単位』と『「新しい」新しい単位』というジョーク本に触発されてのことでした。このブログがそうであるように、特定の尺度から物事を眺め、単位を付けていくという趣向の本です (本家をつかまえて、おこがましい言い方ですが)。『新しい単位』DVD版も出ているようです。

そんな新単位の1つとして、「バック」という単位があります。トラックがバックするときに、自動音声で「バックします・バックします・バックします・・・・」と繰り返すしつこさを1とする単位なんですね。

ブログというものを全然知らない人が「トラックバック」という言葉を聞いたときまず脳裏に浮かぶのは、このようにトラックがしつこいセリフを機械的に繰り返しながら、あるいは深夜の静けさを無視して同じセリフを繰り返しながらバックする姿でしょう。

しかし、本当は英語のつづりからして異なります。自動車のトラックはtruck、トラックバックのトラックはtrack。紛らわしさをさけるために、ブログの方は英語の発音に少し近づけて「トリャックバック」とでも表記するのがよいような気もしますが、「トリャック」なんて書くと「トリック」と読み違えられやすいし、だいいち気持ち悪い。

それはともかく、trackbackという用語は、ほかの多くのIT関連用語と同じくカタカナ外来語として扱われています。深く考えずに字面だけで訳すなら「逆追跡」などの訳語が考えられます。「逆探知」は違う意味で使われているのでまずいだろうし。機能に即して考えれば「逆リンク」でいいと思うのですが、リンクがカタカナ語のままではまずいので「逆連鎖」とでも訳すんでしょうか。

というか、一応この方面の専門家として言わせてもらうと、新しい概念を指す言葉を誰かが無理して訳す必要なんかないんですよ。新しい概念に無理に訳語を付けても、浸透させるのが大変だし、みなが同じ訳語を使うとは限らず、用語の標準化が図れなくなります。もっともカタカナ語の場合でさえ、「ウイルス」と「ウィルス」みたいな細かい表記のゆらぎはあるのですがね。

外来語でも立派に漢字化され、今や純粋な日本語だと信じられていて、しかも中国に逆輸入までされている「社会 (=society)」のような言葉もありますが、訳された時代が時代だけに可能だったと言えるかもしれません。今のように、新しい概念が急速に浸透・普及していく時代には、ゆっくり漢字訳語を定着させていく余裕がないのです。もっとも、漢語自体が本来は外来語だったんですがね。

もっとも、これは、新しい概念を導入するときに限った話です。

コンセンサスとか、エンパワーメントとか、インセンティブとか、ほぼ同じ意味の日本語または定着した訳語があるのに、あえてカタカナ語を使うのは、自分がインテリであると示したい、よく分かっていない相手をだまくらかしたい、ツッコミを入れられたときの逃げ道 (たとえば、インセンティブと報償とでは、少し意味に違いがあるとか) を作っておきたい、などの理由があるのでしょうか。符牒や隠語としてカタカナ語が使われている場合もありそうですね。この話題は、いつかまた別の記事で言及したいと思います。

さて、トラックのバックしますがしつこい話に戻りますが、人気ブログに対するトラックバックspamも相当しつこいみたいですね。Livedoorブログ ランキング上位の馬鹿な私の日々も執拗なspam攻撃を受けているようで・・・

そうそう、「トラックバックする」と「トラックがバックする」のまぎらわしさ評点はブロガーが思っているほどブログが世間に知られ渡っていない現段階では、7くらいに評価しておきましょう。

当ブログの全記事一覧を見る