2022年06月19日

「近親相姦」のワードと概念だけならYouTube広告から排除されない?

近頃、Youtubeを視聴していると、死や殺などの語が絡む音声が部分的にピー音で消されていることがある。かつてAdsenseを手懐けることに苦心していた私には、そのピー音の意図が分かる。広告を配信させるためだ。しかし、殺に絡む音声を消すだけで本当に効果があるのか? はなはだ疑問である。とはいえ、映像を配信している側としては広告のあるなしで大きな影響を受ける。
続きを読む


没落記(4)

私はフリーランス翻訳者という定職に就きながら、実は、麻雀打ちだった時代が長い。早稲田の学生だったころに、仲間とのかったるい麻雀に嫌気がさしてフリー雀荘へのデビューを果たした。しかも、生まれて初めて入店したのが、西武新宿線野方駅前にあった頭文字Fの雀荘。ヤーさんが我が物顔で出入りしているマナーのへったくれもない危険な雀荘だった。レートはさほど高くなかったが、イカサマが横行。まあ、いたいけない大阪出身の貧乏学生が無法地帯でもまれて成長した。続きを読む

2022年06月16日

没落記(3)

「没落記(2)」で「最近人のやさしさに触れて心洗われることが増えた。人がやさしいことを再発見した」と書いた。人のやさしさ――それはたとえば、野良猫に対する優しさだ。私は、昔から野良猫に好かれやすい。こちらから餌などをオファーしなくても、意味不明な人懐こさで野良に接近してこられることがある。たとえば、下の写真がそうだ。続きを読む

miccckey at 15:21|Permalink はてなブックマーク - 没落記(3)
Comments(0)
clip!(評)けなげさ 

2022年06月14日

没落記(2)

仕事の途絶え方が半端なかった。仕事が止まったことを元妻に相談したところ、「脳の障害でよほどひどいものを出したから干されたんじゃないの」と返ってきた。もしかして、そうなのかと一瞬狼狽えたが、担当者が別人に変わったみたいに冷たくなった。
続きを読む

2022年06月13日

没落記(1)

私生活のことを書かないのがルールだったが、2019年3月に飲み屋で倒れて(と言っても足がふら付いただけだが、店主が心配して救急車を呼んでくれた)入院した日から、私の人生はねじ曲がりの極致を迎えた。入院した翌日ぐらいに症状が悪化。1週間ほど、記憶がない。友人たちが駆けつけてくれたが、あまり憶えていない。続きを読む

2022年06月06日

蝶を追いかけるアデリーペンギンの動画が可愛すぎて英語圏でバズっている:2022年6月

ペンギンは北極にいない。かといって、南極にしかいない鳥ではない。南半球にしかいない鳥である。そもそもペンギンは鳥である。ペンギンが鳥と知らない人にこれまでたびたび出会ってきた。ペンギンが鳥と知らない人のことは、こちらの記事 でも真面目に論じられている。続きを読む

2022年05月15日

「なんでも評点」の栄光と没落

このブログは2004年ごろに開始したが、2006年から2008年ぐらいに全盛期を迎えた。2006年にKADOKAWA系の出版社から書籍化の誘いがあり、編集者の言うがままに記事内容の物語的充実に努めたのだが、編集者との相性が悪く、私も本業が多忙過ぎて書籍化への熱意を失って話が自然消滅。その1年半後ぐらいに、別の漫画系の出版社から声がかかり、熱意ある編集者にほだされて、再び書籍化への意欲を取り戻す。そして2008年の初春に『世界のありえな〜い100選』が出版を果たした。

実は、本書が出版される2週間前に母を亡くした。2008年の初春は、私の運命がひどくねじ曲がり始めた時期でもあった。母は、早い時期に父と別れており、不動産の遺産を有していたが、死後10年ほどして、亡き母の遺産を巡って私と妹の間で争議が起きた。その少し後に脳出血を起こして入院した。脳出血は、単に飲酒・喫煙などの不摂生が祟ったのだろうと思っていたが、退院して1年ぐらいして、ある重要なことを思い出した。続きを読む

2022年05月01日

火山噴火のせいで今年は冷夏になると言われていたのに、メディアが黙っている不思議

何故かマスコミが口を閉ざしていることがあるのではないか? トンガで海底火山が噴火した後、過去の例から、気温の低下が危惧されると伝えられていた。

トンガの海底火山噴火から想定される気候寒冷化

220501続きを読む

2022年04月27日

更新停止の言い訳

㋂に入ってから再び更新を停止しています。コロナ禍で失った仕事を取り戻すべく、リアルでの活動に忙しくしていました。当ブログも、当ブログとして掟破りのソースのないフィクションに走ったり、混迷気味でした。

私、ミッキー大槻は、2008年にブログ発の自著を出版し、初版が売り切れたはずなのに増版がかからず、編集者もクビになって原因不明の冷遇を味わった後、2010年代半ばから電子書籍の作成にも取り組んできました。満足の行く作品は、これもまたブログ発の「ハートウォーミングストーリーズ」しかありませんが、アマゾンの下記URLからご覧になれます。

ミッキー大槻作品リスト

電子書籍がどれくらい売れたのかは、現在、まったく把握できていません。2019年の3月末に脳出血を起こしたときに一部の記憶を失くしており、電子書籍管理ページへのログイン情報を思い出せないのです。どうせ、数冊しか売れていないだろうと思いますが、歯がゆさを覚えています。上記の「ハートウォーミングストーリーズ」も体裁を改善したいのですが、管理ページにアクセスできないため何もできません。



miccckey at 14:25|Permalink はてなブックマーク - 更新停止の言い訳
Comments(1)
clip!

2022年02月26日

尖閣に水爆:未来人語る《厄災パラレルワールド》

私の名は、吉行言明。「よけ げんめい」と読む。2100年、西京生まれだ。これから日本で起きる大震災の数々をみんなに知らせるためにやってきた。あ、西京と言うのは、昔の首都だった東京が第二次関東大震災で壊滅した後、西の方に造られた首都だ。実は、私たちの世代は、簡体字しか習っていない。第二中華帝国(以下、単に「中華帝国」)に吸収されたからだ。日本の歴史と真実を日本人に知られないようにするには、古い書物の漢字を判読不能にするのがすこぶる効果的だからだ。

本稿はフィクションです。


2100年代でも、まだ「書物」があるのか?と疑問をお持ちの2000年代民も多かろう。第二次関東大震災は、富士山のカルデラ噴火とセットになって起きた。破局噴火には至らずとも、膨大な火山灰が噴出され、あらゆる筐体のあらゆる隙間から入り込み、HDDやSDDの内部に紛れ込んで、ほとんどすべての電磁的記録を破壊したのだ。中国でも、黒竜江省の五大連池火山群が50万年ふりに噴火し、8000万人の犠牲者を出した。同じく電磁媒体を壊滅させた。
続きを読む

2022年02月24日

奈良の異世界インコの秘密は2013年の大誤報にあり

2012年10月26日に、あるテレビ番組で取り上げられたインコ。「ナカタ・ピーコ」と名乗り、「奈良市三条」などで始まる住所らしき音声を繰り返す。しかし、「三条」が含まれる地名は多い。番組で奈良市内の該当しそうな住所を探すも、飼い主は見つからず。結局、飼い主が見つからず「迷宮化」したのだが、視聴者からインコが恐ろしいことを喋っているという声が上がる。

ピーちゃんごめんね。ここは異世界かも。内職してたら急に誰もいなくなった。ピーちゃんだけでも逃げて。電話も繋がらない。私は出て行きます」と喋っているように聞こえるという。飼い主が聴かせた言葉を繰り返しているようだ。

続きを読む

2022年02月21日

2058年からやってきた時給5万円の人力会計士 《厄災パラレルワールド》

2058年からやってきた時給5万円の人力会計士 《厄災パラレルワールド》

彼の名は、デロ東松。東松は最初1985年から2021年にタイムトラベルをした。新型インフルが大流行。これが最初に東松がいた世界線に定められた運命だったようだ。時間旅行初心者だったころ、東松は「世界線」の概念を知らなかった。少し違う世界線だと、新型インフルの代わりに“低毒性エボラ”や“新型風邪”が流行っていたりする。インフルではなく、“新型インフエンザ”が流行している世界線もある。そういえば「コロナ」という自動車が流行し過ぎて、各地で人身事故を多発させた世界線もある。
続きを読む